(イメージです。)
 
1Ikh ★2021/01/11(月)16:31:21.50ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】

 韓国のソウル中央地裁が、旧日本軍の慰安婦被害者と遺族20人が日本政府に損害賠償を求めた訴訟の判決を延期し、弁論再開を決めたことが11日、分かった。

 ソウル中央地裁は、13日に予定されていた同訴訟の判決言い渡しを延期し、3月24日を弁論期日に指定した。追加の審理の必要性があるとみて弁論再開を決めたという。

 同訴訟は、慰安婦問題に関する2015年末の韓日合意から1年を迎えた16年12月に被害者と遺族21人が起こした。被害者が日本政府を相手取り起こした訴訟はこれが2件目。

 これまで日本政府は、国家は外国の裁判権に服さないとされる国際法上の「主権免除」の原則を理由に訴訟に応じなかった。訴訟が長引いたことで原告のうち金福童(キム・ボクドン)さんら被害者が死去し、1人が訴訟を取り下げた。

 同訴訟とは別に、被害者12人が日本政府に損害賠償を求めた訴訟の判決公判が今月8日に開かれ、同地裁は原告1人当たり1億ウォン(約950万円)の賠償を命じた。

hjc@yna.co.kr

聯合ニュース 2021.01.11 15:20
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210111002700882?section=news