1:2014/12/15(月) 18:23:12.32 ID:
(画像)
7b8f776f.jpg 

61ded394.jpg  

fb7201a5.jpg  

06c48011.jpg  

 中国河北省曲陽県霊山鎮朱家峪村の楊功好さんは、注目されている。彼の家は11月28日以来、15日間で約200回も原因不明の火災が発生した。1日で数十回も出火した事もあり、家がほぼ全焼してしまった。

 霊山鎮派出所の警察は放火の可能性を排除したが、火事の原因は不明だ。曲陽県の消防員も当惑している。消防員は楊功好さんの家にカメラを設置し、専門家による現場を調査を行った。

 楊功好さんの息子である楊旭帥さんによると、重要なものは別の場所に移したが、大部分のものは燃えてしまったという。

 「燕都晨報」の記者は12日午前11時45分に楊さんらと話していたところ、焦げ臭いにおいがし、楊さんが西の部屋に大急ぎで走り「また火事だった」と叫んだ。

 記者も西の部屋に入った。小さなたんすから出火していて、子供の玩具が焼けてしまった。火事は小規模だったので、バケツ1杯分の水だけで消し止められた。

(翻訳 王秋)
新華ニュース 2014年12月15日 15時49分
http://www.xinhuaxia.jp/social/55499