(イメージです。)
 
1::2020/12/30(水)09:30:27.32ID:x8us/qoO0●.net

29日午後2時頃、ソウル市松坡区のソウル東部拘置所において、1人の収容者が外から見える窓の鉄格子の間から白い紙を出した。その紙には「助けてください。疾病管理本部の指示。感染者8人が収容」と書かれていた。
この収容者はマスクを着用せず、20分以上にわたり窓から紙を出したり入れたりしていた。収容者は「感染者は1つの部屋に8人ずつ収容。書信(手紙)を外部に出すことは禁止」と書かれた別の紙も示していた。

ソウル東部拘置所のコロナ感染者は、前日までに確認されただけで769人(職員21人、収容者721人、出所者6人、職員の家族21人)に達した。収容者全体の30%が感染したことになる。単一の施設としては最多かつ最悪の感染拡大で、しかもこの施設は国が管理している。
拘置所の特性上、内部の状況は外部に公開されないため、収容者らは鉄格子の間から「助けてくれ」と訴えていた。
この日午後、東部拘置所前で出会ったある中年女性は「拘置所にいる息子に薬を届けに来た。感染したという連絡はまだ受けていないが、互いの状況についてやりとりできないので、心配で頭がおかしくなりそうだ」と述べた。

高麗大学医学部予防医学科のチェ・ジェウク教授は「収容者である前に国民だ。これが文明国のやることか」と苦言を呈した。東国大学法学部のキム・サンギョム教授は「政府の野蛮な人権意識が赤裸々にあらわれた」と指摘した

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/12/30/2020123080005.html