(イメージです。)
 
1昆虫図鑑 ★2020/12/04(金)11:10:43.16ID:CAP_USER.net
韓国政府が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のワクチンで英国製薬会社アストラゼネカと初めての購入契約を結んだ事実が確認され、韓国国内の接種時期と予防効果などに関心が集まっている。政府はファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソンとは覚書(MOU)を締結したことが確認された。

英国政府は2日、ファイザーワクチンの緊急使用を承認して早ければ7日接種を始める。第3相ワクチンの中で接種が行われる世界初めての事例だ。気になることを質疑応答でまとめた。

--アストラゼネカのワクチン接種が年内に可能だろうか。

「年内は難しい。このワクチンはまだ第3相が終わっていない」

--来年初めに接種することができるか。

「それも簡単ではないようだ。韓国食品医薬品安全処の使用承認を受けなければならず、アストラゼネカがワクチンをすぐに供給するべきだが、そのような可能性が大きくない」

食品医薬品安全処のキム・ヒソン迅速審査課長は3日「まず第3相の最終結果が出なければならない。その後、食品医薬品安全処にワクチンの使用承認申請をすれば、速かに審査するだろう」と話した。審査が順調に進めれば1~2カ月内に許可が出るかもしれない。

--アストラゼネカがいつ申請するだろうか。

「アストラゼネカは第3相の完了時期を年内だと決めている。もし来年1~2月食品医薬品安全処にワクチンの使用承認申請をすれば3~4月には韓国国内で使用承認を得ることもできる」

--そうすれば、すぐに打つことができるか。

「そうではない。韓国国内にワクチン物量が入ってくるべきだが、アストラゼネカがすぐに供給するかは分からない」

製薬業界関係者は「供給契約が他国に比べて遅れたため、韓国にワクチンが戻る時期が決して早くないだろう」と話した。

--では、いつ接種することができるだろうか。

「中央防疫対策本部のクォン・ジュヌク第2副本部長は最近『早くても来年7-9月期』と話したことがある」

--アストラゼネカのワクチンを韓国のSKバイオサイエンスが生産するのではないか。

「企業間生産契約であるだけだ。韓国で委託生産したものをわれわれが使いたいと言うわけにはいかない」

--アストラゼネカワクチンの長所は。

「ワクチンの保管条件が2~8度なので流通・保管が容易だ。ファイザーのワクチンは保管条件がマイナス70度、モデルナはマイナス20度だ」

--短所は。

「ファイザー、モデルナに比べて有効性が小さい。ファイザー、モデルナは第3相の最終結果ワクチンの有効性がそれぞれ95%、94.5%だと発表した。アストラゼネカは中間結果が平均70%台だった。ただし、最終結果でさらに上がる可能性もある」

--ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソンとの覚書を結んだと聞いたが、それは何か。

「正式の契約締結前に一種の確認文書だ。購入約束をしたが、購入量、導入時期などは引き続き交渉が進められているという」

--モデルナとの交渉状況は。

「モデルナはファイザーとともに米国で年内接種の可能性が大きい。だが、韓国政府との交渉が簡単でないと伝えられる」

--ワクチンを急いで打つ必要があるか。

「韓国専門家たちは急いではならないと助言する」

これを受け、疾病管理庁のイ・サンウォン危機対応分析官は3日、ブリーフィングで「ワクチンは開発より検証に10年以上がかかるが、未曽有のコロナ禍で10年が1年に短縮された。当然長期間にわたって検証されたワクチンより安全性に対する懸念が大きくなるしかない」と話した。

高麗(コリョ)大学薬科大学のソン・デソプ教授は「一日に10万人の感染者が発生している国と韓国は状況が違う。安全性をゆっくりと検証していくべきだ」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c5304465c2d9fe19bf4041040d269ada7468474b