(イメージです。)
 
1::2020/11/22(日)13:35:59.58ID:RBqXr2RU0●.net

(前略)

先月、緊急の臓器移植を求めている患者がいると知ったイタリアの警察は、秘密兵器を使用した。それは、「ランボルギーニウラカン」。610psを発揮するV10搭載のスーパーカーが登場したのだ。

レーサー並みの運転技術を持った警察官が、ドナーの肝臓を乗せたウラカンで、ヴェネツィア近くのパドバからローマまでの500kmをなんと2時間で爆走し、無事にデリバリー!(中略)なんと平均速度は250km/h!!法定速度の130km/hで走った場合は、5時間以上かかるそうだ。

ランボルギーニ本社から提供されたこのウラカンは、実は特別仕様車。お約束の屋根のライト、サイレン、そしてパトカーのカラーリングの他に、同車の「フランク」には臓器を数時間保全できる冷蔵庫が完備。(中略)

その車内冷蔵庫がとても重要なフィーチャーだけど、この話を最初聞いた時、ふと疑問がよぎった。「ウラカンて、そんなスピードをずっと出しても給油しないで500kmも走れたか?」と。

速度を上げれば上げるほど、燃費が落ちるからね。肝臓を届けてから、イタリア警察はこの臓器輸送の動画をSNSに載せたけど、給油のことは触れていなかった。簡単に計算してみたけど、ウラカンには90リッターの燃料タンクがついており、200km/h以上の平均速度で走った場合の燃費は、およそ6km/Lなので、ローマからパドバまでの500kmは満タンでギリギリ走行できたのだろう。

しかし、もう一つの疑問は、なんでヘリコプターが使われなかったかということ。臓器移植のための緊急輸送は、通常の場合はヘリコプターが用意されるけど、話によると、パドバ市内のジェメッリ大学病院近辺にはヘリが着陸できるヘリポートがないそうだ。

(後略)