(イメージです。)
 
1::2020/11/18(水)22:03:04.03ID:v60i4Hlm0●.net

(前略)

留学して以降1度も帰国せず

そんな中、小室さんが水面下で動きだしていると、前出の宮内庁関係者が明かす。

「最近になって“小室さんが秋篠宮さまと連絡をとった”という話を聞きました。

昨年のお誕生日会見では“小室家とは連絡は私はとっておりません”とおっしゃっていたので、小室さんは眞子さまとの結婚のため、アクションを起こし始めたということではないのでしょうか」

弁護士試験を来年5月に控え、勉強で多忙なはずの小室さんが、秋篠宮さまに“極秘連絡”した理由とは──。

「小室さんは関係者に対して、“近々帰国する”という旨を伝えており、遅くとも、年内中に帰国するという話です。殿下にその意向をお伝えしたのかもしれません。留学先のロースクールが冬休みに入る12月中旬以降を視野に入れているのでは」(同・前)

小室さんの代理人である上芝直史弁護士に、小室さんの結婚意思や帰国の可能性について聞いてみると、

「彼は、ご結婚はできるだけ早いほうがいいと考えてきました。今もそのように考えていて気持ちは変わりません。(帰国については)私は存じあげません。そうおっしゃっている人に聞いてください」

ただ、世界中で蔓延する新型コロナの影響で、アメリカから帰国した場合は、2週間も隔離される決まり。

秋篠宮ご夫妻とお話しするだけであればオンラインでも可能だが、直接お会いすることにこだわっているようだ。

「小室さんは'18年8月に留学して以降、1度も帰国していません。実は以前、周囲からの反対で帰国が実現できなかったこともあったとか。

ただ、日本で暮らす母親と祖父を心配しているのはもちろん、眞子さまともお会いしたいと思うのは、婚約内定者として当然の感情です。

『立皇嗣の礼』の中心的儀式も終了したので、秋篠宮ご夫妻に直接、祝意を伝えたいとも考えていることでしょう。

 留学状況や、ロースクール卒業後の方針、眞子さまとの結婚生活、そして金銭トラブルにどう対応するのかもあわせて、ご夫妻にお伝えする計画があるのかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

小室さんが秋篠宮ご夫妻と話し合われた後、眞子さまは“必要な選択”を勝ち取れているのだろうか


https://news.yahoo.co.jp/articles/0dd69c409d318343db9fc190addc9908b347ce54?page=3