(イメージです。)
 
1新種のホケモン ★2020/11/17(火)16:08:47.88ID:CAP_USER.net
韓国と中国は、王毅中国国務委員兼外相の「訪韓」実現に向けて調整中である。米大統領選の輪郭がはっきりしていく中、中国も本格的に対外的な動きに乗り出した。

今日(17日)外交消息筋によると、王毅外相は今月末韓国と日本をつづけて訪問する日程を調整していて、24日から25日が有力視されている。

ただ 韓国外交部は「中韓外交当局は、高位級間の交流について疎通し続けている」とし「まだ決まったことはない」と伝えた。

王毅外相の訪韓がなされる場合、年内に進められている「習近平 中国国家主席の訪韓」日程の調整が最優先的な議題になるとみられる。本来中韓は今年前半に習主席の訪韓を推進していたが、新型コロナウイルス感染症の拡散により不発に終わった。

習主席の訪韓により中韓首脳会談がなされれば、去る2016年のサード(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)配置により膠着した中韓関係を正常化させるきっかけとなり、また中国政府による限韓令(韓流コンテンツや韓国企業への圧力)も解除されるものとみられる。

中国は、ジョー・バイデン行政府発足が事実上確定された状況の中、米国の主要同盟国である韓国と日本を訪れ、協力関係を強調する動きだともみられている。米中対立が続いている中、周辺国と協力を深めることが重要だということである。

一部では、王毅外相が訪韓・訪日を同時に推進していることから、日中韓首脳会談を話し合う動きだという見方も出ている。


WoW!Korea 11/17(火) 16:02
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/46a22e64a9270342a3d6586106666bb394d47bfb

康京和 韓国外相と王毅 中国国務委員兼外相(画像提供:wowkorea)