(イメージです。)
 
1動物園φ ★2020/11/11(水)11:39:24.96ID:CAP_USER.net
日本を訪問中のパク・チウォン国家情報院長が10日に菅義偉首相に会い、「金大中-小渕宣言」に続く新しい韓日共同宣言を提案したと日本のマスコミが11日報じた。

1998年当時の金大中大統領と小渕恵三首相が一緒に発表した21世紀の新しい韓日パートナーシップ共同宣言のような新たな韓日関係の方向を盛り込んだ「ムン・ジェイン-スガ」宣言を発表しようと提案したというものである。

金大中-小渕宣言は日帝植民地支配に対する日本側の謝罪表明と未来志向的な韓日関係の発展について入れられた。

宣言にはまた、2002年のサッカーワールドカップの日韓共同開催に向けた両国国民の協力を言及する内容も含まれた。

これと関連しパク院長は、新しい日韓共同宣言は、来年7月に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックの成功にも貢献するという考えと毎日新聞は伝えた。

しかし日本政府関係者は、「宣言によって日韓間の懸案が解決される保証がなく現実的ではない」とパク院長の提案を切り捨てた。

朝日新聞も「前徴用工(日本徴用労働者の日本式表現)の問題がある状況で、(新しい韓日共同宣言は)現実的ではない」と日本政府関係者の否定的な評価を伝えた。

日本政府は、韓国最高裁の徴用労働者賠償判決が1965年の韓日請求権協定に違反するとし、韓国側に解決策を提示するよう求めている。

菅首相もパク院長に会った席で、徴用問題などで困難な状況にある両国関係を健全な関係に戻すきっかけを韓国側が作成するように再び要求したと共同通信は伝えた。

共同通信は、菅首相のこのような発言について、「現時点では(パク院長が提案した)新しい宣言の検討に難色を示した形」と診断した。


https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&pto=aue&rurl=translate.google.co.jp&sl=auto&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D104%26oid%3D001%26aid%3D0012006019&usg=ALkJrhiETOUoiaz6xR2t_eGGlN2JRkhUbQ