(イメージです。)
 
1動物園φ ★2020/10/29(木)09:50:16.14ID:CAP_USER.net
世界貿易機関(WTO)事務総長選挙評価調査で、日本・中国の妨害に見舞われたユミョンフイ産業通商資源部通商交渉本部長が選択の岐路に置かれた。

主要国である米国が有本部長を公に支持し、有本部長にか細い希望が生じたからである。まだ、ナイジェリアのオコンジョイウェアラ候候補が大きな票差でリードしたことが確認されている中で、ユ本部長は、WTOの提案どおりに辞退したり、逆転を狙って保持するかどうかを選択する必要があると思われる。

28日(現地時間)、スイス・ジュネーブに招集されたWTO加盟国大使級会議では、デビッド・ウォーカー(ニュージーランド大使)WTO一般理事会の議長は、「新任事務総長評価調査でオコンジョイウェアラ専務が有本部長よりも多くの得票をした」と発表した。


https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&pto=aue&rurl=translate.google.co.jp&sl=auto&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D104%26oid%3D417%26aid%3D0000611523&usg=ALkJrhi8unf9VWS8K3_T9lOhGQmyNAaXzw