(イメージです。)

1新種のホケモン ★2020/10/25(日)17:23:45.07ID:CAP_USER.net[1/2]
※Google翻訳

米国内の中国の反体制メディア「GTV」で映像の拡散
GTV「中共産党が美政治家たちの背後」


米国の大統領候補ジョー・バイデン(左)前副大統領と息子ハンターバイデン。写真=聯合ニュース

米民主党の大統領候補ジョー・バイデン(78)の息子であるハンター・バイデン(50)と推定される人物の薬.物.吸入とセクロス映像がインターネット上に流出した。

25日、米国内の中国反体制メディアである「GTV」で公開した資料によると、その映像の中では、バイデンと推定される人物がコ.カ.イ.ンに見える薬を吸入しながら身元を知ることができない女性と性.行.為をする姿が赤裸々に明らかになった。

GTVはドナルド・トランプ、米国大統領の最側近だったスティーブ・ベノン元ホワイトハウスチーフストラテジストと中国共産党幹部の金庫番の役割をする、米国に亡命中の億万長者グォウォンが関連のメディアだ。

この日GTVが公開した映像は、その事件について最初に報道したニューヨークポスト(NYP)が公開を拒否していたハンター・バイデンと推定される人物の性.行.為映像と同じものと推定される。

GTVは「私たちがこのビデオを公開したのは、正義のためだ。中国共産党は西側の政治家と有名人と彼の家族を使用する。性.交.動.画や麻.薬.ビデオなどを撮影して、それらの脅威と国を売るように要求する」と主張した。

続いて「中国共産党は、これらの戦術を使用して、ジョー・バイデンと彼の息子(ハンター)を脅す。ジョー・バイデンは、中国共産党によって100%制御されている」と付け加えた。


米民主党の大統領候補ジョー・バイデン(78)の息子であるハンター・バイデン(50)と推定される人物の薬.物.吸入とセク.ロス映像がインターネット上に流出した(写真=GTV)

米国現地でも関連報道が開始されている。ワシントンイグゼミノなどの報道機関は、GTVが公開したかどうかの推定人物の映像を報道し、「その映像の流出はトランプ大統領と彼の側近たちがバイデン一家が道徳的に問題があるように描写することを望むことを示す証拠になることもあるだろう」と伝えた。

去る14日(現地時間)NYPはハンターと推定される人物がコカインを吸引しながら身元不明の女性と性.行.為をする12分の動画と性.行.為の写真が入ったメールが流出したと報道した。NYPは映像入手経路について「昨年4月デラウェア州のコンピュータの修理店に預けられたノートパソコン」と述べている。ノートパソコンを預けた人がハンター・バイデン本人だったのかは不明である。

修理店の所有者は、修理を任せた人は、そのノートパソコンを長期間訪ねないで内容を確認後、同年12月に連邦捜査局(FBI)に申告した。この時、FBIにノートパソコンを渡す前に、コピーを作成し、トランプ最側近であるルディ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長の弁護士に当該資料を渡したことが分かった。


米民主党の大統領候補ジョー・バイデン(78)の息子であるハンター・バイデン(50)と推定される人物の薬.物.吸入とセクロス映像がインターネット上に流出した(写真=GTV)

一方、NYPはノートパソコンとハードディスクに「ウクライナスキャンダル」の「スモーキングガン」(決定的な手がかり)になるメールが発見されたとも報道したことがある。一時ハンターを役員に採用した、ウクライナのエネルギー会社「ブリスマ」の代表がバイデン候補(当時副大統領)に会ったことを暗示する内容が含まれている電子メールが含まれていたのだ。「ウクライナのスキャンダル」は、ブリスマについてウクライナ検察が2016年捜査に乗り出すとすぐに、当時副大統領だったところでもがウクライナ政府に外圧を行使して不正捜査を揉消しさせたという疑惑である。

これと関連しドナルド・トランプ大統領と共和党はバイデン候補がブリスマの請託を受けて、ウクライナ当局の不正捜査を拡散しようとしたという疑惑を提起した。トランプ大統領は「バイデンは自滅している。彼の家族を取り巻く巨大な腐敗を見ながらそのラップトップ(ノートパソコン)を見よ、誰もこのようなことは、見たことがない」と強調している。


韓国経済 2020.10.25 16:36
https://n.news.naver.com/mnews/article/015/0004437313?sid=104