韓国 経済 
(イメージです。)


1
:2014/12/10(水) 11:09:47.33 ID:
個人向け貸付が10月の1カ月間に7兆8000億ウォン(約8439億円)増えた。韓国銀行が統計を出し始めた2003年以降で最大の伸び幅だ。韓国銀行の9日の集計によると、預金取扱機関の個人向け貸付残高は10月末現在で730兆6454億ウォンを記録した。都市銀行、貯蓄銀行、信用協同組合、セマウル金庫、郵便局などの貸付をすべて合わせた数値だ。1カ月前より7兆7605億ウォン多い。

韓国銀行のシン・ビョンゴン金融統計チーム長は、「個人向け貸付の月別統計を2003年10月から算出しているが、10月は増加幅では過去最大」と話す。個人向け貸付の増加速度が速くなった理由については、「8月以降の不動産貸付規制緩和と金利引き下げの影響が複合的に作用した」と説明した。6月に5兆9083億ウォン、7月に5兆7290億ウォン、8月に6兆2811億ウォン、9月に5兆6489億ウォンと最近は毎月5兆~6兆ウォン前後で増えていた個人向け貸付は10月に入り7兆ウォンを超え急増した。

増えた個人向け貸付の大部分は住宅を担保にしたものだった。2月から7月まで毎月2~3兆ウォン程度増加していた住宅担保貸付は8月以降さらに速いスピードで増え始めた。金融当局が住宅担保認定比率(LTV)と総負債償還率(DTI)など不動産貸付規制を緩和し韓国銀行が基準金利を低くしたためだ。8月に5兆1339億ウォン、9月に4兆1136億ウォン増加した住宅担保貸付は10月には5兆3836億ウォン増えた。やはり過去最大の増加幅だ。

ソース:中央日報 2014年12月10日08時29分
http://japanese.joins.com/article/783/193783.html?servcode=300§code=300