(イメージです。)

1新種のホケモン ★2020/10/23(金)08:43:21.53ID:CAP_USER.net
※Google翻訳

[アンカー]

済州島で水道水でも幼虫に見える異物が発見されたという申告が相次いでいます。

四日間、30件以上の受付になったが、済州島は、正確な原因究明のために環境省と合同調査に乗り出しました。

ホジヨウン記者です。

[レポート]

浄水場の水道水を10分ほどつけておこう、白いゴルムマン中大小一糸形の物体が除外されます。

すべての幼虫と推定されます。

ここで水道水を供給される家庭でも似たような形の幼虫推定物体が発見されました。

[住民:「朝の赤ちゃんを綺麗にしてあげようとしてみたところ(幼虫が)フィルタがなかったら、赤ちゃんの肌に接触したじゃないか。」]

最初の申告が入ってきたから4日後に幼虫を発見した申告30件は済州島に受付された。

すべて同じ西帰浦市江汀浄水場で水道水を供給されるところであるが、済州島は環境部と合同調査に乗り出した。

環境部は顕微鏡の調査でカルタグ類幼虫に見ているが、最終的なDNA分析の結果は、来週ぐらいに出てくる予定です。

調査団は、これとは別にに該当浄水場の浄化過程などを調査しています。

各家庭に水道水が供給されるためには、浄水場で四回精製過程を経なければなりません。

このうち、不純物が入らないように薬品で解放浄化する過程もありますが、済州島上下水道本部はこれまで、このプロセスをよく経なかったようです。

[進日間/済州島上下水道本部上水道生産管理課長:「(ガンジョンチョ.ンの)水質がもともときれいため、現在取水して(不純物)凝集をしばらくしていませんでした。」]

わずか三ヶ月前まで水道水の幼虫安全地帯と広報していた済州島。

市民の不安が大きく済州島は、地域住民に飲み水としてミネラルウォーターを供給し始めました。KBSニュースホジヨウンです。


KBS 入力2020.10.23。午前8:11
https://n.news.naver.com/mnews/article/056/0010921568?sid=102


 
 
=管理人補足=
ソース元に動画あります。