(イメージです。)

1動物園φ ★2020/10/23(金)00:46:14.26ID:CAP_USER.net
チョ.ンウンギョン疾病管理庁長が最近のインフルエンザの予防接種後に死亡した事例が13件報告されたことをめぐり、「まだ接種中断する必要はない」という意味を改めて明らかにした。

チョ.ン長官は22日、国会で開かれた保健福祉委員会の総合監査で「ワクチンの安全性が究明されるまでの接種を中止しなければならない」という国民の党チェヨンスク議員の指摘に「現在までに死亡者の報告が増えたものの、「予防接種による死亡」という直接的関連性は低いということが、被害調査班の意見である。死者とワクチンの因果関係は、死亡の原因とその内容をもとに、専門的に判断している」と答えた。

チョ.ン庁長は「死亡者が右ワクチンも接種中止を検討する必要が」は、国民の力ギムミエ議員指摘については、「その部分も検討したが、まだ中断する必要がないというのが私達との専門家の判断だった」と答えた。

チョ.ン庁長は「死亡事例については可能な限り接種との問題がないかどうか監視して、少しでも異常がこむ判断されると、すぐに措置する」と強調した。

チョ.ン庁長は、「現在までに死亡者が接種したワクチンは、5つの会社が製造したものであり、すべてのロット番号がすべて違った会社(ワクチンが)や製造番号が一貫して異常反応を引き起こすことはなかった」とし「製品や製品毒性の問題に起因する死亡はないと専門家も判断する。同じ医療機関で同じ日に接種を受けた方も電話で調査したが、重度の異常反応はなかった」と説明した。また、「現在のインフルエンザワクチンは、卵有精卵培養と細胞培養、2つの方法生産され、今の死者は二つの方式のワクチンである報告されている」とし「ワクチンの製造過程中やシクヤク先黒を介してトキシンの毒性物質を多ろ過ため、製造過程での問題が生じることは深刻なことであり、あり得ないことである。製品の問題であれば、すぐに中止するのが正しい」と述べた。

チョ.ン庁長は、死亡原因の調査に関連し、「同じワクチンを右対象者について継続調査しており、カルテ調査や解剖を介して死亡原因を探して因果関係を検討しなければならない。剖検(完了)まで2週間ほどかかるだろう」と予想した。

チョ.ン庁長は、死亡者9人のうち2人は「アナフィラキシーショック」である可能性を排除することができないと、前日発表したことについては「追跡調査の結果、アナフィラキシーショックはないと資料が出てきた」と述べた。アナフィラキシーショックは、特定の食品や薬などの原因物質にさらされた後の水分、数時間以内に全身的に起こる重症アレルギー反応を指す。

チョ.ン長官は先月、仁川の療養病院で政府調達物量に供給されたインフルエンザワクチンを接種された80・90代の3人が死亡した事例について、「調べてみるとワクチンとの関連性がないと判断したら、(死者)の統計から除外した「高度説明した。

この日、慶尚南道などによると昌原に住む70代の男性が19日、午前10時頃な療養病院でインフルエンザワクチンを接種した後、死亡した。この男性が右のワクチンが、常温露出されたり、白粒子が検出された製品ではないことが分かった。

Aさんは、糖尿病や軽度認知症などの基礎疾患があり、この日の午後6時ごろ、風呂で入浴してから死亡したまま発見された。

この日、現在までにインフルエンザワクチンの接種後に死亡した事例は13人と集計された。病気管理庁の前日9人の発表以来、慶尚北道安東、大田、慶北城主、慶尚南道昌原で死者が追加で出てきた。


https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&pto=aue&rurl=translate.google.co.jp&sl=auto&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D102%26oid%3D022%26aid%3D0003515583&usg=ALkJrhjH6FRV0hOD-DFbaY0fPNWj46eqIQ

共感 2
非共感 95