(イメージです。)
 
1::2020/10/19(月)18:52:39.04ID:L5vuSUK60●.net2BP(5500)

 フィズリ、アゼルバイジャン、10月19日(AP)

 アゼルバイジャン国防省は10月18日、アルメニア特殊部隊が放棄したとされる陣地を、アゼリ軍が占領する映像を公開した。ドローンが撮影した映像の場所と日時は、明らかにされていない。

 同国防省はまた、アゼルバイジャンのフィズリで、アルメニア軍が放棄したとされる武器弾薬の映像も併せて公開した。同地は、1990年代のナゴルノカラバフ戦争以降、アルメニアが実効支配している7つのアゼルバイジャン地区のうちの一つ。

 南コーカサスの係争地ナゴルノカラバフを巡る、アゼルバイジャンとアルメニアの今回の武力衝突は、1994年のナゴルノカラバフ戦争終結から四半世紀経過した9月27日に発生。現地時間10月18日午前0時に2度めとなる停戦が発効したが、両国は互いに相手側の停戦違反を非難するだけで、実効性のある停戦には程遠い現状だ。

 アゼルバイジャン領内のナゴルノカラバフは、アルメニア系住民が人口の9割を占め、1994年以降アルメニアが実効支配している。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7ef16c61ffe3be8826c0073f5a1f41c34f1272e2
 
 
=管理人補足=
ソース元に動画あります。