(イメージです。)
 
1::2020/10/19(月)21:26:43.58ID:7aD21eb40●.net2BP(2000)

米韓同盟の行方

 東アジアにおける米中の覇権争いが激しさを増す中、現職の駐米韓国大使が「必ずしも米国側に立つとはいえない」と発言し、米韓両国間で論争を呼んでいる。

21代通常国会の国政監査(政府各機関に対する国会レベルの議政監査)期間中の12日、外交通商委員会の画像国政監査に出席した李秀赫(イ・スヒョク)駐米韓国大使は、米韓同盟を問う質問に次のように答えた。

「韓国が70年前に米国を選択したからといって、今後の70年間も米国を選択するわけではない。韓国の国益に役立ってこそ、米国を選ぶことができるだろう。

 (中略)THAAD(高高度ミサイル防衛システム)のような事態(中国の経済報復)が起こらないよう、あることでは中国を選択しなければならない。我が国が(米中間の)選択を強要される国ではなく、今や選択できる国だという自負心を持っている」

(中略)

両国間の立場の相違
(中略)

米韓連合軍の危機管理対応指針
(中略)
 
「バランス外交」の限界

 李秀赫大使を含めた文在寅政権の外交ラインの核心担当者たちは、米韓同盟より自主外交を強調する、いわゆる「自主派」と呼ばれている。

 彼らは、米国と中国の間で、「戦略的曖昧性」を保ちながら、「バランス外交」で国益を取るべきだと主張している。

 外交通商部(外交部)の姜京和(カン・ギョンファ)長官が、米国が構想している「QUADプラス」に対し、「他国の利益を自動排除する、いかなることも良いアイデアではない」と、遠回しに反対の意を表明したことや、李秀赫大使が「韓米同盟の未来像に“経済パートナー中国”も考慮されなければならない」とした発言が代表例だ。

 しかし、米国が本気で韓国に選択を迫ってくれば、「戦略的曖昧性」や「バランス外交」などといったことは通用するはずもない。今回のSCMを契機に、文在寅政権は米国との同盟関係について明確な態度を確立しなければならないだろう。


金 敬哲(ジャーナリスト)

文在寅政権の大暴走…駐米韓国大使「米国か中国か、選ぶのは我々だ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/3631ba80a20bf530ab817e0d111e46db1187e3cf