(イメージです。)
 
1新種のホケモン ★2020/10/15(木)14:54:06.16ID:CAP_USER.net
2020年10月13日、韓国・聯合ニュースによると、米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」が選ぶ「持続可能な100大企業(The100 Most Sustainably Managed Companies in theWorld)」で、韓国のLG電子が6位、サムスン電子が28位に入った。評価は100点満点で46.9点と74.2点だったという。

WSJは世界の約5500の企業を対象に、事業モデルや革新性、社会・製品、従業員、環境などの持続可能性を評価した。1位はソニー(日本)、2位はフィリップス(オランダ)、3位はシスコ(米国)、4位はメルク(ドイツ)、5位はイベルドローラ(スペイン)となった。100大企業を国別に見ると米国が23社、日本が16社、フランスが9社となっている。


この記事に、韓国のネットユーザーからは

「韓国ファイト」
「誇らしい記事だね。LGおめでとう」

など、喜びの声が寄せられている。

一方で

「ソニーが1位ということに驚き」
「ソニーが1位じゃ、信頼度がガクッと落ちる」
「ソニーが1位って、ギャグじゃないの(笑)」
「ソニーは持続可能性より生存を心配しないと」

など順位に不満げなコメントも多い。

ただ、中には

「持続可能性に経営と未来の照準を合わせた企業のランキング、未来の地球環境の可能性を最優先にしているということだよ。ソニーは苦しい状況の中で1位に選ばれたのだから、すごいと思う。LGとサムスンは奮起しないとね」

という意見も見られた。


(翻訳・編集/麻江)
2020/10/15 13:38 (JST)©株式会社 Record China
https://www.recordchina.co.jp/b842394-s0-c20-d0144.html