(イメージです。)
 
1新種のホケモン ★2020/10/12(月)16:08:26.27ID:CAP_USER.net
2020年3月10日、韓国・チャンネルAは、世界保健機関(WHO)のウェブページに掲載された韓国と日本の地図が物議を醸していると報じた。

記事によると、WHOのウェブページでは現在、日本を紹介する地図には竹島が描かれているが、韓国を紹介する地図には描かれていない。

これを受け、韓国の広報活動をする誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は、竹島を加えた韓国の地図と、竹島と日本列島の間に点線を引いた日本の地図を作成してWHOに送り、この通りに修正するよう求めた。徐教授は「外国人が独島(日本名:竹島)を日本の領土と誤解する可能性がある」と懸念を示しているという。

また、韓国外交部も「韓国を大きく表示したため独島が欠けてしまった可能性がある」としてWHOに是正を求めたという。


これを見た韓国のネットユーザーからも

「WHOがおかしい。新型コロナウイルス感染で中国をかばったと思ったら今度は日本の肩を持つのか?。団体も人もお金には勝てないようだ」
「WHOをもう信じられない」
「韓国を大きく表示したら独島も大きく表示されるべきでは?」

など不満の声が上がっている。

また、韓国政府に対し

「訂正報道も要請するべき」
「お金よりも、反論できない証拠を提示して。国際的な機関が金に踊らされれば信用を失うということを教えてあげるべき」

と求める声も。

また、韓国外相がこのほど、新型コロナウイルス感染対策のためにWHOに300万ドル(約3億3000万円)の寄付を約束したことから

「韓国は外交力でも駄目、お金でも駄目なのか」
「寄付のお返しがこれ?。ひど過ぎる」

との声も上がっている。


(翻訳・編集/堂本)
レコードチャイナ 2020年10月12日
https://www.recordchina.co.jp/b842039-s0-c10-d0058.html

10日、韓国・チャンネルAは、世界保健機関(WHO)のウェブページに掲載された韓国と日本の地図が物議を醸していると報じた。資料写真。(RecordChina)