(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2020/10/01(木)20:32:24.05ID:CAP_USER.net[1/2]


中国を潜在的な敵国と見なし兵力増強
米国、日本、インドなどとの協力を強化


   オーストラリア国防省は先月3日、K9自走砲を製造する韓国のハンファ・ディフェンスを陸軍現代化プロジェクトの一つである「ランド8116」自走砲獲得事業の優先供給者に選定したことを発表した。1兆ウォン(約900億円)規模となるこの事業が順調に進んだ場合、K9自走砲30門とK10弾薬運搬装甲車15台、その他の装備などをオーストラリアに輸出できることになる。

 これに先立ちハンファ・ディフェンスは今年7月末、未来型装甲車「ランドバック」のオーストラリア出征式を開催した。ランドバックはオーストラリアにおける装甲車事業の最終2候補に残ったことから、試作品2台がオーストラリアに向かう際に出征式を執り行ったのだ。オーストラリア陸軍による軌道型装甲車事業は5兆ウォン(約4500億円)規模に達する。

 韓国製の兵器がオーストラリア市場に進出できた背景には、オーストラリアが莫大(ばくだい)な予算を投入し戦力の大規模増強に乗り出しているという事情がある。オーストラリア政府は今年7月初めに「2020年国防戦力アップデート(DefenseStrategic Update)」と「2020年国防構造改革プラン(Force StructurePlan)を発表した。この計画によると、オーストラリアは2030年までの10年間に2700億オーストラリア・ドル(約20兆円)の国防費を投入する計画だ。10年にわたり毎年22兆ウォン(約2兆円)の国防費が投入されることになる。

 オーストラリアは韓国と異なり、周辺に北朝鮮のような現存する脅威のない国だ。そのため正規軍の総兵力もおよそ6万人程度と少ない。陸軍2万9000人、海軍1万5000人、空軍1万4000人ほどだ。予備軍も2万7400人しかいない。韓国軍の総兵力(56万人)のわずか10分の1にすぎないことになる。今年度の国防費は32兆ウォン(約2兆9000億円)で、韓国の国防費(50兆ウォン=約4兆5000億円)のおよそ60%だ。

オーストラリア軍の戦力増強計画を詳しく見ると、北朝鮮と対峙(たいじ)している韓国でさえ驚くほどだ。陸海空軍だけでなく、宇宙やサイバー分野にまで防衛用はもちろん、長距離攻撃用兵器も網羅されている。今後10年間に45兆5000億ウォン(約4兆1000億円)が投入される陸軍の戦力増強計画には、韓国のK9自走砲と装甲車「ランドバック」を含む新型歩兵戦闘装甲車事業と自走砲事業、米国の主力戦車M1エイブラムスの改良計画などが含まれている。

 海軍には62兆1000億ウォン(約5兆6000億円)が投入される。12隻の新型攻撃用潜水艦をはじめとして、キャンベラ級強襲上陸艦(軽空母)2隻、ホバート級イージス艦などが導入されたかあるいは導入される予定だ。空軍も53兆8000億ウォン(約4兆9000億円)を投入し、F35Aステルス戦闘機72機、無人偵察機スカイ・ガーディアン、電子戦機などが導入される。オーストラリアが導入を進めているF35の数は、韓国空軍が来年までに導入する40機よりも32機も多い。

 直接の軍事的脅威がないオーストラリアがなぜこれほどの巨額を投入して戦力増強に力を入れているのだろうか。オーストラリア版国防白書「2020年国防戦力アップデート」にその答えが記されている。同書には中国を事実上の潜在敵国と見なす表現がある。オーストラリアのモリソン首相は「オーストラリアは第2次世界大戦以降、見ることもできなかった地域における挑戦に直面している」と述べ、中国の浮上に対応するため積極的な防衛戦略を採択する考えを表明した。中国が南シナ海に人工島を造成したことなどがオーストラリアを刺激したというのだ。

 しかし中国に対するオーストラリアの正面からの対応は構造的に難しい側面がある。中国はオーストラリアにとって最大の貿易相手国であり、オーストラリアの輸入工業製品の25%が中国製となっているからだ。中国は自国と距離のある米国と親密な協力を進めるオーストラリアを懐柔するため、執拗(しつよう)に有形・無形の圧力を加えてきたが、オーストラリアはこれに屈しなかった。


続く。

ユ・ヨンウォン軍事専門記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2020/10/01 19:00
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/01/2020100180026.html