1:2014/12/06(土) 17:06:53.64 ID:
 景気低迷が続いている中、2年前は負債がゼロだった世帯のおよそ30%が現在、負債を抱えていることがわかりました。

 統計庁は、全国の1万7000世帯を対象に「家計負債」について調査しました。

 その結果によりますと、2012年には負債がゼロだった世帯のうちおよそ30%がことしは「負債がある」と答えていて、負債をすべて返済できた家庭は16%にとどまっていました。

 とくに世帯主の年齢が若い家庭ほど、負債が膨らむ傾向があります。

 これは景気低迷の中、住宅や教育にかかる費用が、所得に比べて増えているためとみられています。

 また低所得層の世帯では、所得のおよそ3分の2を返済や利子の支払いにあてていることがわかり、こうした状況での消費低迷の長期化が懸念されています。

ソース(KBSニュース) 
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Ec_detail.htm?No=52863

写真
cccbb852.jpg