サイ 韓国 韓国芸能 
(イメージです。)


1
:2014/12/05(金) 15:13:12.44 ID:
2014年12月4日、韓国紙・中央日報は、韓国人歌手PSY(サイ)の世界的なヒット曲「江南スタイル」のYouTubeにおける動画再生回数が、32ビット定数の再生限度回数を超えたと報じた。
これについてYouTubeは、「動画再生カウンターの上限は21億4748万3647回で、この数字を超える動画があるとは思わなかった」と説明したという。これを受け、YouTubeは動画の再生回数カウンターシステムを修正した。

このニュースについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「韓国人として誇らしい。最高!」
「PSYがYouTubeの動画システムをアップグレードさせたという異例の出来事は歴史に残る。もっと世の中の人に『江南スタイル』を好きになってもらいたい」

「『江南スタイル』がYouTubeの再生回数システムを変えた事実はギネスブックに載るだろう」
「『江南スタイル』は素晴らしい世界的なヒット。PSYのキャリアとしてはすごい記録だが、存在は毒のようだ」

「PSYがすごいと感じたのは、11月にニューヨークに行った時だ。ホテルの送迎バスのドライバーが『どこから来たの』と聞くので『コリア』と答えたら、目の前で江南スタイルを踊ってくれた。まだ人気があるんだな」
「広告収入でどれだけ稼いだか考えただけで…大成功だな」

「韓国の歌謡界が一朝一夕に韓流ブームを巻き起こしたかといえば、それはありえない。韓国の歌謡は昔から素晴らしかったが、なぜ突然韓流ブームが起こったかと言えばYouTubeの恩恵だ。しかしYouTubeを8日からアクセス遮断するといううわさもある。朴槿恵(パク・クネ)政府の最悪の実情はYouTube遮断だ。文化隆盛を掲げておきながら、大統領は韓国文化を沈めるつもりだ」

(翻訳・編集/久保)
ソース:レコードチャイナ 2014年12月5日 15時2分
http://www.recordchina.co.jp/a98563.html