(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2020/09/24(木)16:52:16.59ID:CAP_USER.net
アシアナ航空が「上空のホテル」と呼ばれるA380を韓国内の上空を巡る「目的地のない飛行」観光に投入する。

24日、アシアナ航空によるとA380はこれまで国内線の航空便は投入されていない機種だ。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のため、十分に活用できずにいた。

観光商品は、来月24日と25日の2日間、韓国上空を約2時間飛行するコースだ。午前11時に仁川(インチョン)国際空港から離陸し、江陵(カンヌン)、浦項(ポハン)、金海(キメ)、済州(チェジュ)上空を飛行した後、午後1時20分に仁川国際空港に戻ることになる。

販売価格は、ビジネススイート30万5000ウォン(約2万7000円)、ビジネスクラス25万5000ウォン、エコノミークラス20万5000ウォンで構成されている。ビジネスクラスとエコノミークラスは防疫指針遵守のため、実際の利用可能座席数よりも185席縮小された310席のみ運営する予定だとアシアナ航空は説明した。乗客には、機内食とアメニティ、国内線50%割引クーポン、機内免税品割引クーポンなどが提供される。

先だって、エアプサンは10日、韓国では業界初となる目的地のない観光飛行商品を大学生の教育のために出した。威徳(ウィドク)大学航空観光学科の学生70人余りが、金海国際空港から航空機に搭乗し、浦項、ソウル、光州(クァンジュ)、済州の上空を飛んだ後、金海空港に戻ってきた。

19日には、台湾の中・大型の旅行会社イージーフライ(易飛網)と航空会社タイガーエア台湾が発売した「済州バーチャル出国旅行アーリーバード商品」を通じて、台湾の観光客120人が済州上空を見物した。

オーストラリアのカンタス航空は、シドニー空港から出発してアウトバックやグレートバリアリーフなどの上空を7時間飛行した後、再びシドニー空港に到着する航空券を発売した。日本のANA航空も乗務員と乗客がハワイアンシャツを着て90分間、日本列島を一周し、再上陸する商品を発売した。


ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.09.24 15:54
https://s.japanese.joins.com/JArticle/270585?servcode=300&sectcode=320


10日、韓国の航空会社で初めてエアプサンの目的地のない飛行体験プログラムに参加した慶北浦項市の威徳大学航空観光学科の学生80人余りが運行中のエア釜山の航空機内で実習体験をしている。ソン・ボングン記者