(イメージです。)
 
1影のたけし軍団ρ ★2020/09/15(火)20:34:37.48ID:CAP_USER.net
韓国とフィリピンのインターネットユーザーの間で突如、激しい罵り合いが発生し、火花がネット上のみならず、社会問題にまで波及しそうな気配がある。

事の発端は、フィリピンで人気のインフルエンサーが自身のタトゥーをTikTok上で公開したことによる。

(中略)

ポーチさんは、韓国で旭日旗が激しく嫌悪されていること、その歴史的経緯などを知らなかったとして韓国民に対して謝罪の言葉を述べるとともに、自身のタトゥーを除去することを約束した。

これによって事態が鎮静化するかと思われたが、韓国のネット上には
「知らなかったでは済まされない」
「歴史を知らないのは、フィリピン人が貧しく教育を受けられないからだ」
「無知で貧しく小さいフィリピン人」
など、フィリピン人を揶揄する言葉があふれ続けたのだ。

これを見たフィリピンのネットユーザーたちは、「取り消せ」「謝れ」と韓国人に対する怒りの声をあげ、「#Cancel Korea」「#ApologizeKorea」というハッシュタグが付けられたツイートが殺到する事態に発展。

(中略)

その後、行き過ぎた誹謗中傷があったとして、韓国側からフィリピン人たちに対して謝罪しようという声があがり、フィリピンでも韓国を許そうと応える声も出ているため、ネット上の批判合戦は沈静化の兆しを見せ始めている。

だが、嫌韓の動きはくすぶり続けている。

(中略)

これまで、フィリピンは韓国に友好的であったからこそ、裏切られたという感情を抱く人も多いのかもしれない。

近年、アジア各国で嫌韓の動きが広がりつつある。(中略)

「反日」が韓国の世論では根強いが、アジア全体を敵に回さないように韓国民は注意を払うべきではないだろうか。


https://biz-journal.jp/2020/09/post_179802.html