(イメージです。)
 
1::2020/09/13(日)16:28:14.65ID:ljlghuAy0●.netPLT(13000)

 児童・生徒へのわいせつ行為等により懲戒免職等になる教員が年々増えていることから、教員職員免許法で定められている失効した教員免許の再取得の規制が強化される予定だということが、8月31日にわかった。

具体的には教員免許の再取得まで現状では3年要するところを、5年に延長する案である。

 萩生田光一文部科学大臣は、9月1日の会見で以下のように話した。

<担当局で色々なシミュレーションをしているのは事実でありますけれども、過日国会でも申し上げましたように、厳格化を速やかに進めていきたいというのが私の思いでございます(中略) 児童生徒を守り育てる立場にある教師が、児童生徒に対してわいせつ行為を行うことなど断じてあってはならないことだと思っています>


 しかし、このニュースに対しネット上では「再取得できること自体がおかしい」「5年に延長したら本当に子どもを守れるの? エビデンスはあるの?」といった批判や疑問が殺到。

(後略)


わいせつ教員の免許再取得「5年案」が議論 子どもを守りきれない現状の課題
https://wezz-y.com/archives/81092