(イメージです。)
 
1動物園φ ★2020/09/06(日)21:21:30ID:CAP_USER.net
9/3(木) 22:34配信

WoW!Korea

台風9号「マイサック」がもたらした歴代級の強風により全国で約1万8000ha(ヘクタール:横縦100mの面積)規模の農作物被害が発生した。昨年、韓国を襲った台風「リンリン」と比較すると約60%のレベルである。

農林畜産食品部(農林水産省に相当)は3日午後6時基準で台風9号により、農作物の1万7711ha、施設30ha規模の被害が発生したと発表した。

農作物の被害を具体的に見ると、△実が木から落ちた「落果」被害面積が2817ha△作物が雨・風に倒れる「倒木」が1万3010ha△浸水が1326ha△その他558haなどである。

農作物の被害が最も多く発生した地域は、チョルラブク(全羅北)道(6138ha)であった。続いて△チュンチョンナム(忠清南)道(3135ha)△チョルラナム(全羅南)道(3027ha)△キョンサンブク(慶尚北)道(2332ha)△チェジュ(済州)(1255ha)△キョンサンナム(慶尚南)道(923ha)△チュンチョンブク(忠清北)道(419ha)△セジョン(世宗)(345ha)△カンウォン(江原)(83ha)△プサン(釜山)(54ha)△クァンジュ(光州)(8ha)△テジョン(大田)(2ha)の順だった。

施設では、ビニールハウス30haに被害が発生した。地域別に光州1ha、全羅北道1ha、慶尚北道23ha、慶尚南道5haなどである。

農食品部によると、昨年の台風「リンリン」による被害規模は農作物が2万9056ha、施設が414haだ。マイサックによる農作物被害の規模をリンリン時と比較すると61%のレベルである。

農食品部は、「精密調査の結果に基づいて被害状況や面積は今後変動する可能性がある」と説明を付けた。

農食品部は、今回の台風被害と関連して、給水場125か所を稼動しており、貯水池2,686か所で放流を実施していると伝えた。台風通過地域を中心に緊急農作物病害虫防除、栄養剤散布など農家の指導を進めている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/d074d20a8e1e12cefba654f668f16ac52d227b8e