1:2014/11/30(日) 12:16:29.56 ID:
ナチスを想起させる衣装で議論を呼んだガールズグループのPritzがドイツで良い反応を得ている。

Pritzの所属事務所は29日午後、「ドイツでの報道後の人気コメントは『議論は重要ではない、少女バンドは良い』『美しい女の子たちだ』『ドイツ語バンドを作るだろう』など、ナチス議論に対する非難よりもそれ以外の内容が多かった」と明らかにした。

続けて、「Pritz公式ユーチューブチャンネルのコメントを見ても、むしろ『70年過ぎたことだ。しかもナチスの紋章でもない』『韓国でなんのネオナチか』『めげずにがんばれ』などの反応も多かった。ただ韓国のネットユーザーの非難が多かった。また、新曲『sorasora』の歌詞には意味が込められている」と強調した。

ドイツから連絡もきたと主張している。関係者は、「ビルトに報道されてからドイツのラジオ放送から『本当に音楽が気に入った。ラジオで流せるよう許諾してほしい』と会社に連絡がきた。Pritz公式フェイスブック参加者も大幅に増え、ノイズマーケティング疑惑を加重させている」と話した。

Pritzは今月2日に釜山(プサン)で開かれた公演で、ナチスの象徴であるハーケンクロイツを思い起こさせる腕章をはめてステージに立ち議論を巻き起こした。メンバーが左腕に付けた赤い腕章には白い円が描かれ、その中にXの文字が書かれていた。

議論は海を超えてドイツでも報道され国際的な恥をかいた。ドイツの日刊紙ディベルトは電子版の記事で、「ナチス制服姿の少女バンド」という見出しでPritzの衣装をめぐる議論を取り上げた。同紙は、「このバンドはすでにナチ腕章で韓国だけでなく海外でも注目され議論を呼び起こした」と報じられた。

ソース:中央日報 2014年11月30日10時18分
http://japanese.joins.com/article/346/193346.html?servcode=700&sectcode=720
d3058131.jpg