(イメージです。)
 
1蚯蚓φ ★2020/08/23(日)21:03:31ID:CAP_USER.net


▲新羅時代の遺跡である慶州東宮と月池。/写真提供=文化財庁

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)で外部活動が難しくなり、比較的安全な余暇の一つに庭園作り(ガーデニング)が流行している。

東洋の庭園のうち中国は人工池を中心に大きな怪石と派手な東屋(あずまや)、周辺を回りながら鑑賞できる回廊が庭園を満たす。日本庭園は方丈の床の片隅から見る視覚的枠組みを通じて眺めるのが素敵だ。

中国の園林は紀元前138年に造成された漢代、上林苑が始まりで私たちの庭園の始まりは三国時代、公州臨流閣とすれば日本は私たちより250年余り遅く庭園造成が始まった。

ここで疑問が一つ生じる。園林に始まる中国と末端である日本の庭園はその形態と作庭手法が似ているが、掛け橋の役割を果たした私たちの庭園の姿が彼らと明確に異なる事だ。これは中国園林文化の影響の中でも独歩的な庭園造園術が存在したか、最初から庭園術が発達しなかったか二つのうちの一つに帰結する。

韓国の庭園は自然に順応した高潔な単純美を指向し、人工を適切に加えて周辺との調和を作り出すのが特徴だ。文人が心身を修養した思惟の庭園でもあった。昌徳宮の後園や潭陽(タミャン)瀟灑園(ソセウォン)にその特徴を見つけることができる。

最近、私たちの庭園の優秀性が分かる証拠が現れた。それも我が国とは何でも競争する様に言い張る日本が直接明らかにした。

日本庭園の始めである奈良時代の平城宮・東院庭園が私たちの東宮と月池(過去の雁鴨池(アナプチ))から影響を受けたという内容だ。彼らの遺跡ではっきり事実関係を明らかにして日本庭園の始まりが我が国だったことを確認してくれた快挙ということができる。

東宮と月池はまがりくねった形と幾何学的直線が似合う池を持つ代表的な三国時代の庭園遺跡だ。今日、私たちの伝統庭園は史跡・名勝・国家民俗文化財などのように多様な形態の文化財に指定、保存管理されている。


/イ・ウォンホ国立文化財研究所学芸研究家

出処:ソウル経済(韓国語)[文化財の裏舞台]日庭園始めは韓東宮と月紙
https://www.sedaily.com/NewsVIew/1Z6OVJ9CA4