(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★転載あかん2020/08/20(木)18:48:36ID:CAP_USER.net
昨年7月、イタリア・セリエAのユベントスが訪韓してチームKリーグと親善試合を行った際に起きた“ロナウド欠場騒動”と関連し、警察捜査が一時中断となった。

ソウル水西(スソ)警察署は8月20日、詐欺容疑で告訴・告発された主催のTHEFESTA社、またユベントスとクリスティアーノ・ロナウドに対し、去る7月31日に“捜査暫定保留”の意見で検察に送致したことを明らかにした。

また、同時に告訴された韓国プロサッカー連盟とチケット販売会社Ticketlinkについては疑いが無いと判断し、不起訴意見で検察に送致した。

一方、THEFESTA社が試合当時、不法賭博サイトの広告を電光掲示板などに掲示し、国民体育振興法に違反した疑いについては、起訴意見で送致された。

イタリア司法当局に捜査協力要請も…

ソウル水西警察署は今年1月、イタリア司法当局に捜査協力を要請していた。

しかし、約半年経っても先方から関連資料が送られてこなかったことから、国民体育振興法違反の容疑のみを先に送致したという。イタリア側から資料が届き次第、捜査は再開される方針のようだ。

親善試合当時、ロナウドは少なくとも45分以上出場すると約束して来韓したが、最後まで試合に出場しなかったため、サッカーファンの怒りを買った。ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督は試合後、ロナウドが筋肉に問題が生じたため、試合前日に欠場を決めたと理由を説明した。

だが、ロナウドのプレーを楽しみにしていたファンが怒りを爆発させたことで、“ロナウド欠場騒動”が巻き起こっていた。


2020年08月20日 スポーツソウル
https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=16984

(画像)
https://i.imgur.com/6VKltpU.jpg
親善試合当時、ベンチで水を飲むクリスティアーノ・ロナウド