(イメージです。)
 
1昆虫図鑑 ★2020/08/13(木)10:04:41.81ID:CAP_USER.net
雇用が消えている。失業者は21年来の水準に増え、就業者は減り続けている。それでも政府は「雇用状況が毎月着実に改善している」として肯定的な数値ばかり強調した。統計庁は12日、「7月の雇用動向」で7月の就業者数が27万7000人減り5カ月連続で減少したと発表した。世界金融危機の余波があった2009年1~8月の8カ月連続減少以降で最長期間だ。15~64歳の雇用率も66%で1年前より1.1ポイント下落した。同月基準では2013年の65.3%から7年来の低水準だ。

失業者数は過去最大級だ。113万8000人で関連統計を作成し始めた1999年7月の147万6000人以降7月基準で最も多かった。通貨危機克服後で失業者が最も多いのがまさにいまだ。失業率も4%で失業率基準が変更された99年7月以降で最悪だった。

新型コロナウイルスが作った雇用の崖にはまだ命綱が下りてきていない。顧客と直接応対する宿泊・飲食業の就業者は1年前より22万5000人減った。

現場からは悲鳴が上がる。京畿道(キョンギド)でコンビニ3店を運営するキムさん(49)は10人以上いた従業員を1人に減らした。大学校内にあったコンビニ2店を閉めてだ。彼は「営業しなくても賃貸料のほか電気料金など固定費用が月100万ウォンずつ出て行く。

対面授業が再開されても従業員を以前のように増やすのは難しいだろう」と話した。就業者減少の防波堤の役割をする製造業も6月に6万5000人減、7月に5万3000人減と不安だ。

◇失業率4.0%…政府「先月より就業者増え」肯定的数値ばかり強調

輸出減少幅が先月の7%から今月1~10日には23.6%と再び拡大したためだ。漢城(ハンソン)大学経済学科のキム・サンボン教授は「新型コロナウイルスが再拡散すれば現在就業者に含まれている一時休職者などが大挙失業者となりかねない」と懸念する。

韓国政府の判断は違う。洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は7月の雇用指標について、「新型コロナウイルス流行前に比べ厳しいが5月から雇用状況が毎月着実に改善しているという点はファクト」と明らかにした。非常時期なので通常の前年同月比よりは季節要因を除去した前月比就業者数をみるべきという論理だ。洪副首相は「(季節要因を除去して前月と比較すれば)5月に15万3000人、6月に7万9000人、7月に7万2000人と3カ月連続で就業者数が増えた」と話した。

しかし統計の裏面は別のシグナルを送っている。「見えない失業」である非経済活動人口は前年同期より50万2000人増え、関連統計を集計した99年以降で最も多かった。彼らは求職活動をしていないため統計では失業者に分類されないが、事実上の失業者とみることができる。

特に非経済活動人口のうち「休んでいる」に分類された人は231万9000人で22万5000人増えた。やはり統計集計を開始した2003年以降で最も良くない数値だ。求職断念者は58万人で5万5000人増えた。

延世(ヨンセ)大学経済学科のソン・テユン教授は「前月、前年と比べどちらも良くなったとすれば政府の分析のように雇用状況が良くなったといえるが、前月比だけ改善したとすれば依然として雇用全体の状況は良くないとみなければならない」と指摘した。


https://japanese.joins.com/JArticle/269163