(イメージです。)
 
1昆虫図鑑 ★2020/08/12(水)08:25:21ID:CAP_USER.net
今年、韓国中部地方の梅雨は歴代で最も長いものになった。6月24日から始まった中部地方の梅雨は8月12日で50日目を迎えた。従来の最長記録である2013年の「49日」を破った。

韓国気象庁は11日、「停滞前線の影響で、14日から16日までソウル・京畿道(キョンギド)と江原嶺西(カンウォン・ヨンソ)に雨が降る」としながら「梅雨前線はその後、北に押し上げられて弱まり、今年の梅雨が終わる」と明らかにした。16日まで雨が続く場合、中部地方の梅雨の長さは54日となり、気象観測を始めて以来、最も長い梅雨となる。今年は梅雨が最も遅く終わる年でもある。これまでで梅雨が最も遅く終わったのは1987年8月10日だった。

このように今年の梅雨が特に長くて遅くまで続いたのは、温暖化による北極の異常高温現象が影響を及ぼしたとみられる。異常高温によりジェット気流の流れが弱まり、北極の寒気が中緯度地域まで南下しながら北に張り出すべき北太平洋高気圧が冷たい空気に阻まれて停滞前線が形成された。この停滞前線が韓半島(朝鮮半島)の上に居座り、例年よりも多くの雨を長期間にわたって降らせた。

しばらく東に退いていた梅雨前線は13日、再び影響を及ぼす。西海(ソへ、黄海)沖から南風に乗って引き続き水蒸気が流入し、梅雨前線の雨雲は3日間、中部地方に再び多くの雨を降らせるものとみられる。

一部地域では12日にも雨が降る見通しだ。特にこの日未明、南海岸と済州道(チェジュド)に突風や雷・稲妻を伴った非常に強い雨が降ることが予想されていて、海岸地域の事故や雨の被害に備えなければならない。南海上の高気圧の外郭に沿って、引き続き吹き込んでくる水蒸気が北西側から入る冷たい空気とぶつかって作られた雨雲が降らせる雨だ。

全羅道(チョルラド)と慶南(キョンナム)地域には12日午前まで、済州道(チェジュド)は12日夕方まで雨が続く。

慶南南海岸と済州道には30~80ミリ(済州道山地100ミリ以上)、全羅道と慶南地域には20~60ミリの雨が予想される。また暖かい空気と水蒸気が混じり合って大気が不安定になりながら、12日午後には全国ほとんどの地域で20~80ミリの激しいにわか雨が一進一退するものと見られる。

中部地方の梅雨がまだ終わらない中で、南部地方は猛暑が始まった。慶尚道(キョンサンド)、全羅道、済州道は13日まで日中の最高気温が35度近くまで上昇することが予想されている。湿度まで高く、体感温度はさらに1~2度高くなるものとみられる。夜間の気温が25度以下に落ちない熱帯夜も現れる。気象庁は「今まで雨が降りながら気温が多少低くなったが、北太平洋高気圧が本格的に張り出すようになれば雨が止むと同時に全国に猛暑が現れるだろう」と説明した。

一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は今回の集中豪雨被害に関連して「予備費や災難災害基金など、可用資源資源を総動員して十分な財政支援を講じてほしい」と注文した。11日に駐在した「集中豪雨緊急点検国務会議」で「被害の復旧の核心は速度」と強調しながらだ。

文大統領は「今年の梅雨は今日で最長となり、最も遅い時期まで続いた梅雨として記録された」とし「特に例年の梅雨とは様相から大きく違っていた。期間の豪雨でどこも安全地帯にならなかった」と話した。続いて「まだ梅雨は終わっていない。最後まで緊張を緩めず、これ以上の人命被害がないように全力を尽くしてほしい」と付け加えた。


https://japanese.joins.com/JArticle/269107