(イメージです。)
 
1新種のホケモン ★2020/08/08(土)07:51:39.97ID:CAP_USER.net
 いま、日本は「第4次韓流ブーム」に沸いている。火付け役となったのがドラマ『愛の不時着』と『梨泰院(イテウォン)クラス』で、ブームの決定打になったのがK-POPアイドルのオーディションに密着した『NiziProject』といわれる。新型コロナウイルス感染拡大によって外出を制限され、テレビはもちろん、NetflixやYouTubeなどの動画配信サービスを見る時間が増えたことが追い風となった。

(中略)

 かつては“おばさま”たちのものだった韓流は、ブームを繰り返すごとに新たな世代のファンを獲得していく。(中略)

 (中略)若者世代の韓国カルチャーへの関心は高まり続け、韓国語で「美少女」を意味する「オルチャン」スタイルが大流行した。日韓国交正常化50周年を迎えた2015年からの「第3次ブーム」も、若者がBTSやTWICEを支持したことが発端になった。芸能界きっての韓国エンタメオタクであるお笑いコンビ・スクールゾーンの橋本稜はこう話す。

「第3次ブーム以降は芸能だけでなく、食べ物や化粧品などさまざまなジャンルにブームが波及しました。新大久保でお気に入りの韓国料理店を見つけて、いつか韓国の本店へ行こうと胸を躍らせる人が増えたんです」

 BTSの世界的活躍とともに加速した第3次ブームは、コロナ禍によって「第4次」へと移行する。

NEWS ポストセブン 8/8(土) 7:05
※女性セブン2020年8月20・27日号
https://news.yahoo.co.jp/articles/6bcc18c9fd3c7ade7c43525a522bb455cc70e0e6