(イメージです。)

1新種のホケモン ★2020/08/08(土)08:29:46ID:CAP_USER.net[1/2]
良好だった10年前から坂道を転がるように

 冬季五輪が開催された韓国江原道平昌の私設植物園に「永遠の贖罪」という像が設置された。日韓関係悪化の極北とも思われる事態を目の当たりにしたいま、改めてこの10年を振り返ってみたい。韓国では「イザカヤ」ブーム、日本ではヨン様・K-POPブームがピークを迎えていたあの頃から、「3・11」による風評被害、慰安婦像設置、通貨スワップ、告げ口外交、世界文化遺産登録の阻止運動……。関係崩壊の火種を起こすのはいつも隣国だった。

 (中略)

慰安婦像の設置から大統領として初の竹島上陸

 そのように良好だった日韓関係に慰安婦支援を標榜する挺対協(現・正義連)が水を差した。(中略)

 2012年8月10日、李明博元大統領が韓国大統領としてはじめて竹島に上陸し、日韓関係に亀裂が走った。(中略)

 (中略)円-ウォン通貨スワップも13年7月の期限とともに終了した。

 2013年2月、朴槿恵前大統領が就任し、両国民は関係改善に期待を寄せた。彼女は日韓基本条約を締結した朴正煕元大統領の娘であり、また日本贔屓で知られている。しかし、実際は違っていた。朴前大統領は13年5月の訪米以降、告げ口外交を展開し、その米国で同7月に韓国外初の慰安婦像が設置された。

 (中略)

輸入制限強化、WTO提訴、世界文化遺産登録の阻止

 14年7月には日本人ご用達だったロッテホテルが、在韓日本大使館主催の自衛隊創設60周年記念レセプションを前日になってキャンセルした。(中略)

(続く)

佐々木和義

デイリー新潮 8/8(土) 8:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/86b3fcd956402ddb9261237154d8ab21fa10939b

良好だった10年前から坂道を転がるように
決定的だった李明博大統領による竹島上陸


10年前のソウルでは「イザカヤ」で「ダイギンジョウ」ブームが


日本人ご用達だったロッテワールド&ロッテタワーも


告げ口外交の果てに


シャトル外交復活など当初は融和ムードだったが