Image by Thiago Lazarino from Pixabay

(イメージです。)
 
1ばーど ★2020/08/05(水)07:50:54.93ID:BaaR1P/s9.net[1/2]
大阪府の吉村洋文知事が5日、自身のツイッターを更新した。

吉村氏は、大阪市の松井一郎市長と4日に新型コロナウイルス感染者がポビドンヨード入りうがい薬を使用したところ、唾液からウイルスが検出される人が減ったと発表したことを報じる記事を貼り付けた。今回の発表は、感染や重症化を防ぐ効果は確認されておらず、専門家からは疑問の声も上がっているが、吉村氏は「誤解なきよう申し上げると、うがい薬でコロナ予防効果が認められるものではありません。重症化を防ぐ効果の検証はこれからです」とツイートした。

その上で「判明したのは、唾液中のコロナウイルスを減少させ、唾液PCRの陰性化を加速させること。唾液PCR検査は毎朝うがい前。感染拡大防止への挑戦」とつづっていた。

8/5(水) 7:01 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/0031426797babed1d3b30a5fe3c3f0b9528163ce
-----

吉村洋文(大阪府知事)
@hiroyoshimura
誤解なきよう申し上げると、うがい薬でコロナ予防効果が認められるものではありません。重症化を防ぐ効果の検証はこれからです。
判明したのは、唾液中のコロナウイルスを減少させ、唾液PCRの陰性化を加速させること。唾液PCR検査は毎朝うがい前。感染拡大防止への挑戦。
午前1:33 ・ 2020年8月5日

リンク
大阪知事と市長「うがい薬で唾液のウイルス減った」と励行勧める…専門家から疑問の声も
https://news.yahoo.co.jp/articles/33c662bdf5a04ecd360b297fe21d83127e279d3c