(イメージです。)
 
1ハニィみるく(17歳) ★2020/08/02(日)15:15:39ID:CAP_USER.net[1/5]
(Twitterキャプチャー)


日本のある寿司店が韓国人にだけ水代を支払わせるなど、韓国人を差別したという消息が伝わり物議を醸している。

日本に住む韓国人のAさんは1日、Twitterで、「今日、美味しく寿司を食べた後、気分を損なった」とツィートした。Aさんによると、ある寿司屋でありえない体験をした。彼がキオスク(タッチパネルの事)で水を注文しようとすると、水のメニューに180円(韓価=約2,000ウォン)という金額が表示された。

Aさんは、「韓国語メニューには180円、日本語のメニューには0円だった」とし、「あっけにとられた英語と中国語のメニューも確認したけど0円だった」と伝えた。Aさんは証拠資料だと言いながら、二枚の写真も掲載した。

(Twitterキャプチャー)


不当に感じたAさんが寿司店の店員に異議を申し立てると、すぐさまこの店員は「申し訳ない」と水を無料で提供した。Aさんは、「○○寿司。かなり大きなチェーン店で美味しいので頻繁に行っていたが、もう二度と行かないだろう」とツイートした。

事情を接したネチズンは、「日本語が分からないと、あっという間に馬鹿にされるのか」、「韓国人だけを遠慮なくターゲットにしているようだ」、「また日本に行くことがあっても、この店には絶対に行かないだろう」、「拙劣だ」などの反応を見せた。