(イメージです。)

1::2020/08/02(日)07:07:33.14ID:DtTrN8rU0.net

中国企業傘下「ティックトック」の米国事業を禁止する-米大統領
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-01/QED6NMT0G1KY01
2020年8月1日 12:30 JST
更新日時 2020年8月1日 17:07 JST

トランプ米大統領は7月31日夜、中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が運営する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を禁止する方針を明らかにした。

大統領はフロリダ州からワシントンに戻る機内で、「ティックトックについては米国で禁止する」と記者団に語った。禁止を命じる文書には「あす、署名する」とワシントンに到着する直前に述べた。

ブルームバーグ・ニュースは事情に詳しい関係者を引用し、トランプ大統領がバイトダンスに対しティックトックの所有権売却を命じる決定の発表をする計画だと先に報じていた。

大統領はティックトックを米企業に売却させるという考えについては疑問を呈し、「われわれはM&A(企業の合併・買収)会社ではない」などと述べた。

事情に詳しい関係者によれば、こうした大統領の発言は、ティックトックの米国事業を取得する可能性を探っていた米マイクロソフトの動きに大きな影響を与え得る。マイクロソフトはコメントを控えた。

ティックトックの広報担当者は資料で、同社は今年すでに1000人近くを米国で採用し、「大きな報酬の仕事」でさらに1万人を全米で雇用するとコメント。「ティックトックUSのユーザーデータは米国に保管され、従業員のアクセスを厳しく管理している」とし、「ティックトックへの最大級の投資は米国からで、われわれはユーザーのプライバシーと安全を守るため取り組んでいる」と説明した。