(イメージです。)
 
1蚯蚓φ ★2020/07/15(水)12:45:12.85ID:CAP_USER.net
新型コロナウイルスの余波で6月の就業者数が35万人以上減った。失業率は4.3%で過去最高を記録し、15歳以上の雇用率は2010年以降で最低となった。

統計庁が15日に発表した「6月の雇用動向」によると、先月の就業者数は2705万5000人で、1年前より35万2000人減った。3月の19万5000人減、4月の47万6000人減、5月の39万2000人減に続き4カ月連続で減少傾向を示している。4カ月連続で就業者数が減少したのは金融危機の余波があった2009年10月~2010年1月以来だ。

15歳以上の雇用率は60.4%で前年同月比1.2ポイント下落した。同月基準では2010年6月の60.0%以降で最も低い。経済協力開発機構(OECD)比較基準である15~64歳の雇用率は65.9%で、1年前より1.3ポイント下落した。同月基準では2014年6月の65.9%以降で最も低い。

経済活動人口は2828万3000人で、前年同月より26万2000人減った。非経済活動人口は昨年同月より54万2000人増えた1649万2000人となった。

失業者数は9万1000人増えた122万8000人で、同月基準1999年の148万9000人以降で最も多かった。失業率は0.3ポイント上がった4.3%で、同月基準で統計作成を始めた1999年以降最も高くなった。


ソース:中央日報/中央日報日本語版<韓国、「新型コロナショック」で6月の就業者35万人減…4カ月連続減少>
https://japanese.joins.com/JArticle/268100?servcode=300&sectcode=300


関連記事:日経新聞<完全失業者、緩やかに増加 5月の休業者なお423万人>2020/6/30 12:58
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60958420Q0A630C2EE8000/
5月の完全失業率(季節調整値)は2.9%と前月比0.3ポイント悪化し、完全失業者数は197万人と同19万人増えた。
総務省によると、4月に600万人近くまで膨らんだ休業者の約7%が5月に職を失った。
潜在的な失業リスクを抱えた休業者は423万人となお高水準で、今後も失業者や労働市場から退出する人が増える恐れがある。