(イメージです。)

1Ikh ★2020/07/13(月)22:12:19ID:CAP_USER.net
 故・朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が、自身の秘書として働いていた女性を抱き抱えて膝に唇を付けるなどの性.暴.力を行っていたことが暴露された。

 朴元淳ソウル市長をセクハラ容疑で警察に告訴した元秘書のAさん側は13日午後、ソウル市恩平区にあるNGO団体「韓国女性の電話」の事務所で記者会見を開き「4年にわたり威力による性.暴.力が続いた」と明らかにした。

 Aさん側の主張によると、朴市長の威力による性.暴.力は持続的だった。この日の記者会見で、韓国性.暴.力相談所のイ・ミギョン所長は「朴元淳市長の威力による秘書への性.暴.力は4年間続いた」「被害者は部署の異動を希望したが、市長が承認しない限り不可能な状況だった」と述べた。

 Aさん側は具体的な被害事実について証言した。Aさんの弁護を担当するキム・ジェリョン弁護士(法務法人オンセサン)は「執務室の中にある寝室に被害者を呼び、抱いてくれといって体に触った」「膝にできたあざを見て、フーしてあげる(息を吹きかけて治してあげる)と言って膝に自分の唇を接触させる行為もあった」と明らかにした。

 チャットルームを使った性.暴.力もあった。キム弁護士は「(機密性の高い通信アプリ)テレグラムの対話ルームに招待し、被害者にわいせつなメッセージを送り続けた」「下着姿の写真を送るなど、被害者を性.的に苦しめてきた」と説明した。

 被害者は「長い沈黙の時間、一人で非常につらく大変だった」と被害を訴えた。この日、韓国性.暴.力相談所のキム・ヘジョン副所長が代読した「被害者の手記」によると、被害者は「最初の(被害の)ときに、私は報告すべきだった」として「そうしていれば、今の私が自分を責めずにいられるのではないかと何度も後悔した」という。さらに「勇気を出して告訴状を提出し、夜通し調査を受けたその日、私の尊厳を傷つけた方が自ら人間の尊厳を手放した。死。この文字は私があれほど苦しんだ時間の中でも口にできなかった言葉」だとして「あまりに失望感が大きくいまだに信じたくない。故人の冥福をお祈りする」と述べた。

ファン・ジユン記者

ソース
朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/07/13 20:55
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/13/2020071380228.html