(イメージです。)
 
1::2020/06/04(木)15:01:37.06ID:K3zKd6a50●.net2BP(4000)

https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/18364261/?__twitter_impression=true

 4日午前8時40分ごろ、東京都千代田区神田須田町2の路上で、通行人から「液体がこぼれていて、変な臭いがする」と110番があった。
警視庁万世橋署員らが駆けつけたところ、250ミリリットルの容器が破損し、猛毒の「フッ化水素酸」とみられる液体がこぼれていた。同署は周囲約100メートルを通行止めにし、ガスマスクを付けた東京消防庁の化学機動中隊員らが2時間以上かけて処理した。けが人はなかった。

 万世橋署は近くの化学薬品メーカーが所有していたことを確認し、この会社から事情を聴いて経緯を調べている。現場はJR秋葉原駅の南約300メートルのオフィスビルやマンションが建ち並ぶ地域。

 フッ化水素酸は毒劇物取締法の毒物に指定され、ガラスのつや消しや金属の洗浄などに使われる。人体に触れると激しい痛みがあり死亡例もある。2012年には静岡県でフッ化水素酸を塗られた靴を履いた女性が、足の指が壊死(えし)した事件があった。