(イメージです。)
 
1新種のホケモン ★2020/06/01(月)10:22:39ID:CAP_USER.net
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)防疫を通じて韓国が医療技術先進国と認識されつつある。感染病による苦痛についてはあえて説明するまでもないが、医療先進国のイメージは思わぬ贈り物といえるだろう。一般的に良い製品を開発しても市場に進出するためには大きな努力が必要だ。ところが今は米国のトランプ大統領が広報してくれていて、幸運が自ら転がり込んで来ているようなものだ。おまけに、私たちもこのようにすればうまくやれるんだという自信もついている。

新型コロナは完全に終わったわけではなく最終評価はまだ早いが、中間評価をしてみると、診断キットなど医療機器の優秀性や円滑な供給が大きな役割を果たした。もし診断キットや防護服などが適時に供給されなかったとしたら状況は完全に変わっただろう。米国・欧州など他の国々が慌てている大きな理由は防疫物資がまともに供給されなかったためだ。

医療産業は大きく2つに分かれる。第一は製薬産業だ。製薬産業は「黄金の卵を産むガチョウ」にたとえられるほど大きな付加価値を生み出す。世界製薬産業市場規模は約1兆ドル(約108兆円)だ。第二は医療機器産業だ。これは医療技術と工学技術がひとつになって作り出す産業だ。最近、病院に行けばすべての診断は検査装備がしてくれる。世界の医療機器産業規模は約5000億ドルだ。ところが国内の病院に設置されているものは90%以上が外国製だ。国産は超音波装備など一部に過ぎない。

製薬がバイオ産業の花ではあるが、進入障壁が高い。通常、一つの新薬が実用化されるには開発開始から10年間、約10兆ウォン(約8700億円)の資金投入が必須だという。このようにして開発に成功すると、次の段階は世界市場への進出だ。グローバル市場の開拓も至難の技だ。

後発製薬企業が世界市場に進出することは空の星を掴むごとく不可能に近い。しかし医療機器産業は少し違う。医療機器も結局、電子機械だ。韓国のように製造業が発達した国の立場から見ると、それほど難しいことではない。医療知識と結合させて製品を開発すればいい。

医療産業は他の産業と違って特殊性がある。まず新しい医療製品が開発されると食品医薬安全処の販売許可を受けなければならない。そのあとは健康保険公団が保険が適用できるかどうかを決めなければならない。いくら優れた製品でも保険が適用できなければ市場への進入が難しい。この手順は数カ月、あるいは数年かかることもある。

(中略)

医療産業振興のために3つのことを提案する。第一に、食品医薬品安全処の医療産業振興の役割を注文したい。開発された製品の許可権を持つ食品医薬品安全処が新製品開発の「家庭教師」役を果たすなら、効果は絶大だ。新製品の場合、融通性のある評価基準を適用して品質改善の機会を与える。このように誕生した製品が健康保険適用を受けられるように積極的にサポートする。食品医薬品安全処が医療産業振興の家庭教師になるなら半分は成功だ。

第二に、医学と工学の緊密な国家的協力体系を構築することだ。医療製品先進国の共通点は研究する医師が多いという点だ。製品は工学者が開発する。ところが医療機器の使い手である医師が製品をどのように作ればいいかを一番よく知っている。共同で協力するだけで良い製品が出来上がる。現在、医学者と工学者が互いの分野に関心を持たない慣行を破るためには破格の措置が必要だ。医学と工学を一緒に学べる医療研究専門大学院を設立することを検討してみる必要がある。医学者50人、工学者50人を一緒に集めて教えれば未来産業を担う人材がこの中から出てくるはずだ。

第三に制度の改善だ。今回賛辞を受けた防疫システムも速かに許可を出すことができるファストトラックがあったからこそ可能だった。ファストトラックを拡大して新製品開発を活性化する必要がある。また、遠隔医療を含んだスマート医療システムを導入しよう。すでに韓国は要素技術をすべて持っている。制度的な障害物さえなくせば製品開発や海外市場開拓は勢いに乗るだろう。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領はポストコロナ以降に備えて「グリーンニューディール」を提案した。医療機器産業こそがグリーンニューディールの重要な軸を担うことができる。「水が入ってくるときに櫓を漕げ」という言葉がある。トランプ大統領が広報してくれているこの時が医療機器産業を興す絶好の機会だ。この機会をうまく使えば、5万ドル国家に進む足掛かりを整えることができる。

李光炯(イ・グァンヒョン)/KAIST(韓国科学技術院)バイオ脳工学・文述(ムンスル)未来戦略大学院招へい碩座教授

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.06.01 10:06
https://s.japanese.joins.com/JArticle/266526?servcode=100&sectcode=120