(イメージです。)
 
1動物園φ ★2020/04/08(水)12:16:55ID:CAP_USER.net
韓国人入国禁止国にビザ免除・ノービザ入国中断する
記事入力2020.04.08。 午前11:18

政府が韓国人入国禁止措置を取っている国を対象に、査証免除・無査証入国を暫定停止すると8日、明らかにした。これにより、米国・英国などごく少数の国が、韓国でビザなしで入国が可能になるものと予想される。

チョン・セギュン首相はこの日、政府世宗庁舎で主宰したコロナ19対応の中央災難安全対策本部(重大本)会議で、「開放性の根幹は維持するが、相互主義の原則に基づいて制限を強化する」とし「私たち国民の入国を禁止している国の査証免除と無査証入国を暫定的に停止し、不要不急な目的の外国人入国制限を拡大する」と語った。

鄭首相はまた、「海外の流入の危険のより積極的な対応策を議論する」とし「関係省庁は、今日の議論の結果に基づいて早急に実施方案を用意して推進してほしい」と注文した。

政府は、これまでオープン基調を強調し、特別入国手続きなどを通じて、海外入国を許可してきた。しかし、海外のコロナ19拡散歳深刻化して海外入国者による散発的な地域社会の感染例が増えると追加対策に乗り出したものと解釈される。

政府は1日、すべての入国者に対して義務的な自己隔離措置を実施することにし措置水位を上げている。しかし、自己隔離対象者が4万人を超えるなど、防疫当局に大きな負担を与えるという指摘が提起されてきた。

鄭首相は「私たちは、世界的な大流行が広がるにつれ、段階的に入国制限措置を強化したことがある」とし「過去1日からの入国者全員に義務の分離を実施している」と説明した。

また、「ほとんどが留学生など、私たちの国民が、まだ一日5000人を超える人員が入っており、負担になっていることは事実」とし「最近、新規感染者のうち、海外の流入割合が半分近く占めており、ヨーロッパやアメリカをさらう大流行が日本などアジア諸国で広がる兆しが見えるのも問題だ」と指摘した。

現在、韓国の入国禁止措置をした国は、欧州41カ国、アジア・太平洋36カ国などすべて148カ国である。日本、オーストラリア、カナダ、ロシア、フランス、ベトナムなどの主要国のほとんどが含まれる。

関心は、中国が措置対象国に含まれるかに集まって。中国は先月28日から、事実上、既存の有効なビザと居留許可を持つ外国人も入国できないと明らかにし、事実上すべての外国人の入国を禁止する措置を取った。しかし、外交部はまだ中国を「韓国全域の入国禁止措置国」に特定せず、別の分類を介してガイドしている。

外交部の関係者は、「指定するかどうかについては詳細な手順が用意された段階ではないと知っている」とし「中国には対象国に指定するか、追加の討議が必要な手順」と答えた。

措置が施行されれば、外国人のビザなし入国規模は大幅に減少することが予想される。現在、韓国にビザなしで入ることができるのは、116カ国に達している。韓国人の入国を禁止していないのに韓国にビザ免除・ノービザ入国が許可されて国は、米国、英国、メキシコなどのごく少数に過ぎない。

鄭首相はまた、「一部の者価格者の逸脱が共同体安否を配慮する多数の虚脱にし防疫に困難を与えている」と指摘し、「これまで摘発された違反事例は速やかに告発してスポットチェックの拡大などの管理を強化してほしい」と注文した。それとともに「電子リストバンド導入問題は、国民世論を収れんして近いうちに結論を下す」と言及した。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D100%26oid%3D009%26aid%3D0004553035&usg=ALkJrhiXm3tFM8VFhQ6l96Ftq9AbbqpMzA