(イメージです。)
 
1首都圏の虎 ★2020/04/02(Thu)19:12:10ID:Z0+3ErpW9.net
現在、新型コロナウイルス感染症を防ぐため一家でノーフォークの別邸アンマーホールに避難しているウィリアム王子とキャサリン妃。関係者によるとウィリアム王子はウイルスに感染した人を救援する活動に参加したいと考えているという。

ウィリアム王子は2017年までイギリス空軍の救助ヘリコプターの操縦士としての任務についていた。王室関係者は新聞「サン」に「ウィリアム王子はイギリス全土が新型コロナウイルス感染症と闘っている中、自分も助けになりたいと考えている。密かにではあるが、真剣に救援ヘリの操縦士への復帰を検討している」。

でもそもそも王子が操縦士の仕事から引退したのは、高齢になったエリザベス女王の公務を助けるため。さらに今ではヘンリー王子が王室を離脱、アンドルー王子も公務を引退、チャールズ皇太子は新型コロナウイルス感染症から回復したばかり。王室内でのウィリアム王子の責務はますます大きくなっている。関係者曰く「問題は複雑だが、それでもウィリアム王子は自分にできることを何かしたいと思っている」。王室として支援活動を始めるのか、それとも操縦士として直接的に救援に取り組むのか、王子の動きに注目したい。

4/1(水) 23:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00010006-elleonline-ent



 
 
=管理人補足=
英チャールズ皇太子が回復 国民に連帯を呼び掛け(20/04/02)
•2020/04/02
ANNnewsCH
 
新型コロナウイルスへの感染を公表して自主隔離を続けてきたイギリスのチャールズ皇太子が自身のインスタグラム上で回復を報告するとともに、国民に連帯を呼び掛けました。(後略)