メキシコ Flag 

1
:2014/11/07(金) 18:49:36.82 ID:
【11月7日 AFP】(一部更新)
メキシコ政府は6日、同国初の高速鉄道の建設をめぐり、3日前に中国企業を中心とする企業連合と締結した契約を撤回すると発表した。入札プロセスをめぐり懸念が生じたためという。

この高速鉄道計画は、首都メキシコ市(Mexico City)と中部の工業都市ケレタロ(Queretaro)を長さ210キロの鉄道で結ぶもの。入札に唯一応じた中国鉄建(China Railway Construction Corp.)とメキシコ企業4社による企業連合が3日、37億5000万ドル(約4300億円)で受注していた。

しかし、ヘラルド・ルイス・エスパルサ(Gerardo Ruiz Esparza)運輸相によると、エンリケ・ペニャニエト(Enrique Pena Nieto)大統領が「3日の決定を無効とし、入札をやり直す」と決定したという。

受注を無効とした理由は、入札プロセスにおける「合法性と透明性に関するあらゆる疑義」を避けるためだと、ルイス・エスパルサ運輸相は説明した。運輸省の声明によると、大統領は「疑問と懸念を呈する世論が生じたことを受けて」契約撤回の決断を下したという。

(c)AFP/Leticia PINEDA
ソース:AFP 2014年11月07日 16:28
http://www.afpbb.com/articles/biz/3031167?ctm_campaign=sub_biz_news
関連
【中墨】メキシコ高速鉄道、唯一入札に応じた中国が受注、プロジェクト費用の85%を中国輸出入銀行が融資[11/04]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1415107883/