1:2014/02/26(水) 21:02:02.42 ID:
 9a52301b.jpg 1893bfac.jpg 
▲東京JR貨物本社前の抗議行動
 43e938ad.jpg 
▲広島で進められた民主労組ゼネスト連帯の行進

動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)と同労総連合は2月25日‘JR貨物賃金削減粉砕’と‘韓国
民主労組ゼネスト連帯’を掲げて東京新宿に位置するJR貨物本社に抗議行動を行った。


この闘争は民営化反対の具体的な行動として韓国の国民ゼネストに呼応する闘争の一環で行われた。JR貨物は昨年初め、労働者の基本給10%削減計画を出した。このような試みは昨年5月1日メーデーに動労千葉がJR貨物に抗議行動して、ひとまず阻止できた。しかしJR貨物は昨年、基本給を凍結する代わりに賞与金を大幅削減した。

JR貨物はJR北海道に並ぶ民営化で破綻した代表的な会社だ。日本政府は国鉄を7つの会社に分割民営化し、赤字を出した貨物部門を旅客部門と分離して一つの会社を作った。JR東日本やJR東海が巨額の利益を上げ株主らのポケットを満たす一方、貨物会社の赤字は毎年累積してJR貨物労働者らは人材縮小と14年間連続する賃金凍結で極端な低賃金と高強度労働を強要されている。

これはつまるところ国鉄分割と民営化の矛盾だ。それでもJR資本は民営化の破綻を認めず、労働者の賃金を削減することで矛盾の一切の責任を労働者に転嫁している。動労千葉と同労総連合はこの日午後1時半、JR貨物本社前に結集し「JR貨物は賃金削減を中断せよ!」等のスローガンを叫んだ。

この席で‘韓国民主労組ゼネスト連帯’と書かれた垂れ幕が掲げられた。動労千葉の田中委員長は「労働組合が恐れず、ずっと闘争すれば民営化粉砕の展望は開かれる。韓国鉄動労組の闘争はこれを証明してくれた」として韓国労働者闘争についてJR体制粉砕および安倍政権打倒に総決起しようと訴えた。

2月25日には動労千葉の呼び掛けの下、東京の他に札幌、福岡、広島、新潟など日本各地で民主労組に対する連帯行動が行われた。札幌、福岡、新潟では韓国領事館に対するゼネスト弾圧抗議行動が展開された。広島では広島連帯ユニオンが「非正規職撤廃!職場で過労死を許すな!民主労組と団結して闘争しよう」と訴えて広島市内でデモ行進した。

寄稿:漆崎(動労千葉国際連帯委員会)

ソース:民衆言論チャムセサン(韓国語) 日本動労千葉、韓国国民ゼネストに連帯デモ行って
http://www.newscham.net/news/view.php?board=news&category1=38&nid=73178

関連サイト:レイバーネット<韓国:世界の労働者が「韓国鉄道労働者支持」を表明>140114
http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/strike/2013winter/1389698541289Staff