(イメージです。)
 
1首都圏の虎 ★2020/03/25(水)22:46:43ID:3ok8GElL9.net


新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大に備え、加藤厚生労働大臣は、全国知事会に対し都道府県ごとに医療体制の整備を急ぐよう求めました。



新型コロナウイルスの感染が拡大した際の医療体制をめぐって、厚生労働省は、25日夜、全国知事会との意見交換会を開きました。

この中で加藤厚生労働大臣は、東京をはじめ都市部で患者が増加していることから、爆発的な感染拡大に備えて、ピーク時を見据えた医療体制の整備を急ぐよう求めました。

これに知事会側も協力する意向を示し、重点的に患者を受け入れる医療機関の設定や、保健所の体制強化などに連携して取り組むことを確認しました。

一方で、知事会側は感染拡大の防止策を強力に進めるため、先に施行された特別措置法に基づく政府の対策本部を早急に設置することや、イベント開催の判断基準を明確にし、自粛した場合の損失を補償するなど実効性のある対策も求めました。

このあと全国知事会の飯泉会長は「国と地方が方針を共有しながら、対策を進めることが重要な局面になっている。それぞれの対策について、都道府県に事前説明をお願いしたい」と述べました。

2020年3月25日 22時09分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200325/k10012350381000.html?utm_int=news_contents_news-main_002