1:2014/11/02(日) 11:31:03.37 ID:
(画像:業界トップのアプロファイナンシャルグループ)
bc8010cc.jpg

 【ソウル聯合ニュース】

 韓国の消費者金融市場で、日系金融機関が占める貸付残高の割合が56%に達することが2日までに分かった。

 金融当局によると、昨年末ベースで資産100億ウォン(約10億4500万円)以上の消費者金融機関は98社で、そのうち、日系業者は21社(21.4%)、韓国業者は74社(75.5%)だった。

 しかし、日系業者21社の貸付残高は約4兆9700億ウォン(56.2%)で、韓国業者74社を合わせた貸付残高(約3兆5600億ウォン)を大幅に上回った。

 日系業者の貸付残高割合は2009年末49.9%から12年末52.3%、昨年末56.2%と増加を続けている。とりわけ、業界1、2位はいずれも日系業者で、圧倒的規模を誇っている。  

 日系業者の貸付金利は年平均36.8%で、韓国業者の平均金利の年27.8%より9ポイント高い。韓国業者が法人向け貸付を中心にしているのとは対照的に、日系業者は個人向けが多かった。

聯合ニュース 2014/11/02 11:10
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2014/11/02/0500000000AJP20141102000400882.HTML