(イメージです。)
 
1首都圏の虎 ★2020/02/10(月)20:03:58ID:33YNTOc99.net
オービッツ氏は業界の「ディールメーカー」として80年代から有名

ネットフリッックスやアマゾンにとっては魅力的なコンテンツに

 (前略)

  ゴーン被告は現在、自身の経験を基にした映画やテレビのプロジェクトについて、大物エージェントのマイケル・オービッツ氏と話を進めている。ゴーン被告のスポークスマンが明らかにした。オービッツ氏は大手エージェンシーのクリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)の創業者で、ウォルト・ディズニーのプレジデントを務めたこともある。オービッツ氏は提案を受け検討しているが、交渉はまだ予備的段階だとスポークスマンが述べた。

 逃亡によって保釈金15億円を没収され、脱出作戦のためにさらに1500万ドル(約16億5000万円)がかかったともされるゴーン被告にとって、映像化を巡る契約ができれば金銭的に助かるだろう。

  魅力的なコンテンツの獲得競争を繰り広げるネットトフリックスやアマゾン・ドット・コムといった企業にとっては、波乱万丈な同氏の半生はうってつけの題材となる。

  (中略)

  オービッツ氏に米国の勤務時間外にコメントを求めたが応答はない。

(ゴーン氏画像)

更新日時 2020年2月10日 17:58 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-10/Q5H2LKT1UM0W01