1:2014/10/31(金) 02:15:15.81 ID:
cb27306a.jpg
ローソンが2013年秋に配布した「リラックマティーマグ」。これも中国製で熱湯を注ぐと破損する恐れがあることがわかった
0cc7234d.jpg
キリンビバレッジが自主回収する景品「オリジナルマグカップ」(?Disney)

 キリンビバレッジが紅茶飲料の景品として配布した中国製マグカップで、熱湯を注ぐと破損する恐れがあるとして27日、自主回収に入った。昨年12月にはローソンが景品として配布した中国製マグカップで、ほぼ同様のトラブルが起きた。両社のケースとも苦情の連絡が多数あり、やけどを負った人も出て回収騒動となった。

 破損の原因ははっきりしていないが、ともに中国製で、破損の症状が酷似している。

 キリンビバレッジは今月中旬から紅茶飲料「午後の紅茶」の景品として、ミッキーマウスや「アナと雪の女王」などのディズニーキャラクターがプリントされた6種類のマグカップ合計30万個を配布した。もらった人から「熱湯を入れるとひびが入った」などの苦情が計10件あり、1人は軽いやけどを負ったという。

 キリンビバレッジではこれを受けて自主回収を決め、マグカップ1個に対して、500円分のクオカードと交換する。

 一方、ローソンでトラブルが起きたのは昨年の秋のフェア。9月から11月にかけてパンなどに貼られた応募シールを集めた人に、「リラックマティーマグ」を店頭で173万個、配布した。

 このカップでもやはり「熱湯を注ぐと劣化して破損」しており、昨年12月2日にローソンが公表した時点では、7人がやけどや、すり傷などを負い、病院で治療を受けた人もいた。

 カップは凸版印刷を介して委託先の中国の工場で製造された。専門家の調査では構造上の欠陥は見つからず、破損の原因は分からなかった。ローソンでは希望者には代替品と交換する対応をとった。

http://www.sankei.com/economy/news/141028/ecn1410280009-n1.html
http://www.sankei.com/economy/news/141028/ecn1410280009-n2.html