(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2020/01/21(火)13:03:04.68ID:CAP_USER.net
 2020年1月、この問題は、もう3年余りもこじれている。2017年7月20日に、アメリカのトランプ大統領は、米国総務省で行われた内部ブリーフィングで語っている。「韓国が、MD費用100億ドルを出すべき」と。そして「我々の軍隊、兵士が韓国に駐在する代価を払うべき」とも。

 MDシステムが、韓国軍と在韓米軍を北朝鮮の短距離・中距離ミサイルから保護するために考案されたとしている。ゆえに、トランプ大黄量は、韓国に「賃借料を出すべき」と言うのだ。10億ドルを負担しなければ、在韓米軍を撤収しようとも考えているらしい。

 (中略)

 ただ、アメリカの国防首脳陣は、第二次世界大戦後に形成された核心同盟関係に関する話を根気よくトランプ大統領に説明しているが、大統領はその経過を学ぶことはないという話も同時にある。

 確かに、70年以上前に制定された事案を現代に置き換え続けるのは、世界経済的に難しいものがある。(中略)

 韓国は、今、怖い国を敵に回していることを自覚しなければならない。10億ドルなど払える財政基盤がないのだから。

【編集:GB】

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=6093&&country=1&&p=2
-Global News Asia- 2020年1月21日 9時15分

関連
【トランプ大統領】「韓国、MDシステム費用100億ドル払わないなら在韓米軍撤収」[1/18]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1579357431/