(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2020/01/17(金)22:54:33.63ID:CAP_USER.net
 2020年1月12日、アメリカ・ワシントンDCで、パク・ウォンスン市長が断言した。「2032年ソウル・平壌合同五輪招致に向けて、さらに22年の北京冬季五輪まで、米韓軍事演習の暫定的中断を提案する」。これは、ソウル市自体の決断であり、政府とは議論していない。その理由を「政府に負担を与えるようで逆に話さなかった」としている。しかし、この決定は、政府の方針と大差ないと強調している。

 (中略)

 ソウル市長は依然、「不動産国民共有性」をして総合不動産税を上げて財源とするとも発言している。だが国税は中央政府の決定事項だ。

 (中略)それが、韓国国民全員の願いならば、なにもいうことはないのだが、誰が国のトップか全くわからない国だ。

【編集:RL】

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=6085&&country=1&&p=2
-Global News Asia- 2020年1月17日 0時15分

関連
【米韓】 訪米したソウル市長が「軍事訓練の中断」を提案、韓国ネットは猛反発 「左派政権の行き着く先は結局従北なのか?」 [01/16]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1579134206/