1:2014/10/25(土) 10:00:46.97 ID:
(写真)
573673cd.jpg

「トントン(糞桶)に人が落ちました」

ソウル江南(カンナム)警察署によれば23日の午後8時12分頃、1本の申告電話を112が受け付けた。ソウル江南の某チムジルバン(蒸し房=温浴施設)の浄化槽に、人が落ちたという内容だった。

近くでパトロールをしていた江南警察署・三成(サムソン)第2派出所所属の警察官4人が、直ちに現場に出動した。

事件の発端は母娘喧嘩だった。サウナのオーナーのペ某さん(49歳・女)が娘のキム某さん(23歳・女)と口論となり、娘の財布を浄化槽に捨てた。その後娘のキムさんは財布を捜すため、地下1階にある浄化槽に降りた。

キムさんはゴム手袋をして、床に伏せて財布を探した。しかし財布は掴めず、腕をもう少しだけ伸ばそうとしたキムさんはその瞬間、バランスを失って浄化槽に落ちた。

警察官が現場に到着した時、キムさんは水面上に手だけが現われていて全身が落ちた状態だった。ペさんは横で「娘を助けて」と嗚咽していた。

一刻を争う状況だった。キム・ジンソン警査(37歳)が躊躇せずに救助に乗り出した。 キム警査は浄化槽の中に入り、内部の鉄製構造物に頼ってキムさんの救助を行った。キム警査がキムさんの手を握ると、キムさんがもがいてキム警査も浄化槽に落ちた。

キム警査は落ち着いてキムさんを押し上げた。待機していた同僚の警察官がキムさんを救助して、キム警査もすぐに浄化槽を抜け出した。

警察の関係者は、「正確な判断と迅速な行動でゴールデンタイム(韓国ドラマのタイトル)さながらの大切な命を救った」と自評した。

浄化層に落ちたキム警査のその後・・・。キム警査は交番に戻ってシャワーを浴びた後、服を
着替えて夜間勤務を終えた。その後24日の午前に帰って皮膚科の診療を受けたという裏話。

ソース:NAVER/ソウル=news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0001080003

【韓国】「10月は文化の月」~影絵劇=『糞餅』、『月のシャーベット』公演(安城市中央図書館)[10/18]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1413596416/l50
(写真)
55038dfe.jpg