(イメージです。)
 
1::2020/01/12(日)11:51:22.02ID:9jO/s1jF0.net

イランの軍がウクライナの旅客機を誤って撃墜し、その知らせを聞いたイラン革命防衛隊のジャデ対空司令官は「死.にたくなった」と語ったという。

ジャデ対空司令官「このような事件を起きないでほしいと思った。今回の撃墜事件に対するすべての責任を認め、関係当局のいかなる決定も受け入れる」と語った。

同司令官はテヘランに戻りすぐにミサイルで誤って撃墜したという報告を受けた。これまでチームが調査中であったため、正確な事実が発表されなかったが、隠蔽しようとしたわけじゃないという。

また「罪を犯した私たちは、腐敗したために、我々は責任を負わなければならない。犠牲者の遺族に心から謝罪する」と強調した。

ウクライナのレンスキー大統領はイランに謝罪を求めていたが、ロウハニ大統領との電話会談で、正式に謝罪を受けたという。

https://gogotsu.com/archives/55954